和室のある家


今回は、和室のある暮らしについてお話しいたします。

昨今は、新築を建てる際に和室のない家を建てる人も増えていますが、和室が
あることで得られるメリットもあります。洋室ではできない使い方ができるのも
和室ならではの魅力ですから、今一度和室というものを見直してみましょう。

【和室の様々な活用法】
和室はいろいろな使い方ができます。多くの家庭では、和室をいざというときの来客用の
部屋として使っています。座卓と座布団を置けば居間や応接室の役割をし、布団を敷けば
寝室にもなる、フレキシブルな面を上手に活用しています。

小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも和室はおすすめです。畳の上であれば転んでも
ケガをしにくく、物を落としても床が傷つきにくいのが魅力です。押入れはおもちゃの良い
収納場所になりますし、遊び疲れて眠ってしまったときも昼寝をさせやすいのが魅力です。

【和室の配置】
新築の間取りを計画する際に和室をどのように使いたいかをあらかじめ考えておけば、
用途に合った位置に設置することができます。
普段から和室を家族のだんらんの場として使いたいというのであれば、LDKに連続した形
設置し、来客用や将来的に親と同居するときのためにというのであれば、リビングとは
離れた場所に和室を設置するとよいでしょう。

客間として和室は欲しいけれど、普段は使わない部屋を用意する余裕はないという場合でも
小上がりの和室にしておけば使い勝手がよくなります。
例えば、小上がりの段差の部分に腰を掛けることで椅子代わりとして使うこともできます。
小上がりの角に腰かけたり、和室の畳の上に座ったりしても、リビングで椅子やソファーに
腰かけている人と目線の高さが合いやすく、別々の部屋で過ごしている感じにはなりにくい
のもメリットです。小上がりの和室にするだけで、独立した和室よりもずっと身近になり、
普段使いもしやすくなります。

【和室の収納】
和室は収納スペースとしても優れています。和室には押入れや天袋があるため、家の中が
洋室ばかりになった際には、貴重な収納スペースのある場所になります。また、小上がりの
和室にした場合、段差の部分を活用して引き出し収納を取り入れることもできます。


和室は1室をいろいろな用途に使える点で優れています。
新築を考える際に、和室についてもどんな場面で使えるかを考えたうえで、間取りに

取り入れてみてもよいかも知れません。


2018年11月19日