子育てにオススメな間取り


家づくりをしようと思う方で多いのが、お子さんが生まれたり幼稚園に入るからなど、
子供がキッカケで家づくりを始める方です。
今回は、子育てにオススメな間取りについてご紹介したいと思います。


▶LDKは居心地よく
家族が集まりやすいオープンで居心地の良い空間をつくることでご家族のちょっとした
変化にも気付きやすくなります。

居心地の良いLDKを作るには、日当りや風通しが良いこともそうですし、動線もくつろぐ
場所は落ち着かせるなど、メリハリをつけた動線計画が必要です。
また、リビングに面して階段を設けたリビング階段を間取りに取り入れることで、
1階と2階にゆるやかな繋がりができ、家族の自然な会話を与えてくれます。


▶ダイニング近くのカウンターデスク
子供の勉強スペースを考える時に役に立ってくれるのがダイニングスペースです。
近くにお母さんがいることも多いので、安心しながら勉強ができ、分からないことが
あれば気軽に聞けるので、分からないことを早めに解決するクセをつけることもできます。

ダイニングに勉強スペースをつくる場合、ダイニングテーブルを少し大きめにして
ダイニングテーブルをデスク変わりにする方法もありますし、近くにカウンターデスクを
設けるという方法もあります。
また、書類などを入れられる収納が近くにあると散らかりづらくなりスッキリしたスペース
にすることができます。(カウンターの下に置いてもいいですね)


▶お手伝いのしやすいキッチン
最近は対面キッチンのようにオープンなキッチンが多くなりました。
オープンなキッチンにすることで、料理をしながら家族の様子を見守ることが
できます。
また、オープンなキッチンは料理を身近なものに感じるので、料理のお手伝いが
きっかけで料理や食べる物への関心にもつながってきます。


▶タタミコーナー(和室)
LDKとつながったタタミコーナーや和室も、子育てに便利です。
赤ちゃんのおむつ替えや子供の昼寝、子供の遊び場に使うことができますし、
区切ることができるようにしておけば、客間として使ったりなど様々な用途に使う
ことができます。また、タミコーナーに段差をつけておもちゃの収納場所にすることも
可能です。


▶身近なところに本棚
LDKなど身近なところに本棚があるというのも重要です。
本棚には本だけでなく図鑑や辞書、地球儀などを置くスペースも兼ねてあげると、
より身近に知的好奇心を満たせるのでオススメです。


▶伝言ボード
コルクボードや黒板など、家族で情報を共有したい事や連絡事項などを書いておける場所を
つくるのも効果的です。
あらかじめ重要な要件は書き残しておくというクセをつけることで、忘れ物を減らしたり、
連絡忘れなどのミスがない大人となるキッカケにもなります。


▶可変性の高い子供部屋
子育てを考えた場合、子供部屋は子供が小さいうちは1つの広い部屋として使い、
子供の成長に応じて部屋の使い方を変えていくのがオススメです。

後から間仕切るのは比較的簡単ですが、柱等を入れて最初からガッツリ部屋を分けて
つくってしまうと、後で壁を取り壊すのは構造上の点からも大変になります。
部屋を分けるか分けないか迷った時は、あとで必要になったら壁を作るくらいの考え
のほうが応用が利きやすいと言えます。


子供の成長に合わせて、家も変えていけるようにしておくのが重要です。
「こんなのがあれば楽しいな」とか「こんなのがあれば便利だな」ということを取り入れ
つつ、「子育てが終われば変えても楽しいな」と考えてみると、家は将来に渡って楽しま
せてくれるものになります。


2018年11月26日