照明で室内をおしゃれに演出


今回は室内を演出する照明についてお話ししたいと思います。

家の中の雰囲気は、間取りと家具などのインテリアによってきまってきますが、
もう1つ忘れてならないのが室内照明です。
家の照明というのは家の雰囲気をつくるためにとても重要な要素となります。

照明で室内を演出する場合、照明器具のデザインで個性を出すのもいいですし、
間接照明にして家の中を照らすのもおしゃれです。

そこで、お手軽で簡単に室内の雰囲気が良くなる照明器具の配置方法について
ご紹介したいと思います。



☆光源を隠す光源を隠した照明の配置
光源を隠すというのは簡単ですが、実はすごく効果がある照明の配置方法です。

光源を隠すとはどういうことかというと、照明器具や電球を直接見えないように
配置するということです。
光源が見えないだけで、光の雰囲気やお洒落度はかなり上がります。

たとえば、観葉植物の影になる場所に照明器具を置いてあげてもいいですし、
家具で隠れる場所(ソファやTVの下や影になる場所)でも良いです。

光源を隠すことのメリットは、家が建ってからでも配置可能なことです。
間接照明だと、家を建てる段階で家具の配置などすべて計算が必要になってきますが、
光源を隠して照明を置く場合は家ができてからでもいつでも可能ですし、家具の配置を
変えた場合でも対応可能です。



☆フロアランプを置くフロアランプを置く
天井に照明を付けるだけでなく、置き型照明を床に置くだけでも部屋の雰囲気は大きく
変わります。

床に照明を置いてあげると光の重心が低くなり落ち着いた雰囲気を出すことができます。

たとえば、観葉植物と一緒に置いてあげてもいいですし、玄関ホールや広めのホールなど
があれば、そこに置いてあげるのも良いです。また、ソファの近くに置いてあげることで、

ゆったりと落ち着いた空間を演出することもできます。




☆壁、天井を照らす壁、天井を照らす
照明の光を壁や天井に当てると、反射して部屋全体に広がります。

さらに反射することで均一な光ではなく、光に陰影がつくようになり、部屋にメリハリが
出てきます。その結果、空間に奥行きを感じるようになり、部屋が広くなったように
感じます。

照明器具が照らす場所を真下以外に持ってくるだけで部屋の雰囲気を大きく変えることが
できますし、おしゃれな雰囲気にすることができます。



室内の雰囲気は照明の配置方法と照らし方で大きく変わってきます。
照明器具をいろいろ動かしながら自分の好きな光を探してみるのも楽しいかもしれません。
また、ショッピングついでに気に入った雰囲気のお店などがあれば、照明の使い方に注目
してみると家づくりにも応用が利くのでオススメです。

2018年11月29日