年末掃除をラクに!お掃除しやすい家づくり

 

リノベうらく
いよいよ今年もあと少しとなりました。

バタバタしがちなこの季節は、日々の家事に加えて、大掃除や年末年始のお出かけ
準備などやることがたくさんです。

忙しい季節ほど、家事ラクな家づくりの工夫が重要です。

そこで今回は、お掃除のしやすい家づくりについてご紹介します。

家を建てるとなるとつい、間取りや外観、インテリアなどに気がいってしまいがちです。

しかしそれと同じぐらい重要なポイントは、掃除がしやすい設計にすることです。

 

1.できるだけ凹凸をなくす
段差が多いと、そのたびに掃除の流れを止めてしまうことになります。
段差や障害物が多いとそのたびに掃除機を持ち上げる手間が増え面倒なうえ、段差の隅が
できてしまうことで埃がたまりやすくなるデメリットもあります。

2.置き家具が少なくてすむようにする
クローゼットや扉付きの収納を造り付けとすることで、置き家具が少なくてすむように
します。そうすることで部屋の中の障害物が減ります。
またトイレ、洗面所、浴室など、それぞれの使う洗剤が変わるような場所には、掃除用具
や洗剤をすぐに取り出せる収納を用意しておくと、掃除が億劫になりません。

3.コンセントの数や位置を考慮する
家を建てるときはそれほど必要ないと思っても、生活をしていくうちに電化製品は
どんどん増えていきます。電化製品が増えたのにコンセントの数が少ないと、タコ足配線
になり、コードが絡まることで埃がたまりやすくなるうえ、見た目も悪く掃除もしづらく
なります。
コンセントを設置する際のコツとしては、掃除機のコードの長さを考慮し、届かない場所
がないように計算して設置することです。

4.汚れにくい「素材」を選ぶ
掃除のしやすい家にするには、汚れにくく、落としやすい素材を選択することも重要です。
特に常に掃除をしないとすぐに汚れてしまう水回りは注意が必要です。
それぞれの素材によって性質が変わるため、適材適所で素材を選択するようにします。

5.お手入れしやすい設備機器を選ぶ
最近ではシンクやレンジフード、浴槽、トイレなど掃除のしやすさをメリットとした
製品が多く出ています。
可能であればショールームなどでしっかりと確認してみてください。



ちょっとした違いが日々の家事ストレスを軽減してくれるからこそ、設計段階から
お掃除やお手入れのことを考えて、家事ラクでいつまでもキレイが続く家を建てましょう!



2019年12月24日