吹き抜けの魅力

今回は、木造軸組ならではの「吹き抜け」の魅力についてお話しします。


ー 吹き抜けに架かる梁の美しさ ー

太い梁が織りなす吹き抜けの構造美は見る人に感動を与えます。

江戸時代に建てられた町家には、力強い梁で構成された高さのある吹き抜けが
よく見られました。

現代でも吹き抜けの魅力は住まいに活かされています。

では、吹き抜けの魅力を活かした現代の住まいをご紹介します。

吹き抜け
木の香りがただよってきそうなリビングルーム。
2階の窓から舞いおりる光の束が、木漏れ日のようにリビング空間を
明るく照らします。


吹き抜け
リビングの階段を上がると風景が一転。
階段と吹き抜けの間に桧のブリッジがかかり、森の小道を歩いているような
不思議な空間です。
吹き抜けを2階から見おろすと、太い梁越しにリビングが望めます。
吹き抜けは、どこにいても家族の気配を感じられるコミュニケーション・ツール
でもあります。



ー 吹き抜けのメリット ー吹き抜け
2階の屋根にトップライトを設けると、陽ざしは吹き抜け越しに1階まで届いて、
家中がさらに明るくなります。
夏は1階と2階の窓をあけると、空気が吹き抜けを通して家中を循環するので、
涼しくて、さわやかです。
冬は1階で暖房した熱気が吹き抜けを通して家中を暖めてくれます。



ー 構造美を魅せる吹き抜けの材料 ー吹き抜け
吹き抜けは、井桁に組まれた角材の梁が美しい構造美を魅せてくれます。
梁に使われる材料は、よく乾燥した杉材やベイマツなど。

どこでも手に入る規格品ですので、若い人にも手の届きやすい予算で
吹き抜けのある家を建てることができます。
たとえ敷地が狭くても、吹き抜けによって太陽の光が2階からたっぷり入るので、
開放感のある明るいリビングをデザインできます。



視界が垂直にも水平にも広がる吹き抜けのある空間で、
のびやかに暮らしてみませんか。


2019年02月19日