フローリングの色でお部屋の印象が変わる

 

フローリングには白や黒といったハッキリとした色合いのものから、
木目調などのナチュラルな色味までいろんな色があります。

どのようなフローリングの色を選択するかでお部屋の印象が大きく
変わってきます。

そこで今回は、フローリングの色でお部屋の印象がどのように変わるのか
ご紹介します。



■白系フローリング白系フローリング
白系フローリングのメリットは、家の中が明るくなることです。
白は光が反射しやすいので、部屋の中を明るく見せる効果があります。

白系フローリングに淡い色の家具を合わせると、ナチュラルな雰囲気に。
反対に濃い色の家具を合わせると、モダンで落ち着いた雰囲気に変わります。



■黒系フローリング黒系フローリング
黒系フローリングには、真っ黒のフローリングから
ダークブラウン色のフローリングまで様々なものがあります。

黒系フローリングのメリットは、部屋が落ち着いて見えることです。
視覚的に下の方に濃い色がくるので、空間全体が落ち着いて見えます。

黒系フローリングは落ち着いたインテリアにしたい場合だけでなく、
和モダンや古民家風の家にする場合でも重宝します。



■ナチュラル色のフローリングナチュラル色のフローリング
フローリングの色で人気が高いのは、ナチュラル色のフローリングです。

ナチュラル色というと幅広いですが、ブラウン系の色を中心にアイボリー
くらいまでがナチュラル色のフローリングと言えます。

無垢材のフローリングはナチュラル色の物が多く、自然素材の良さを感じる
落ち着いた空間になります。




フローリングは家の雰囲気を決める大きなポイントとなります。
どんな雰囲気の家にしたいのかイメージしたうえで、満足のいく
フローリングを選びましょう。


2019年05月07日