土地の地目について


土地の地目
今回は、家を建てる際に知っておくべき「地目」についてご紹介します。

地目(ちもく)とは、不動産登記法による土地の種類のことで、土地の用途を
示したものです。

地目は23種類あり、登記所の登記官が決定し、登記事項証明書に地目が
記されています。


23種類とは...
田・畑・宅地・学校用地・鉄道用地・塩田・鉱泉地・池沼・山林・
牧場・原野・墓地・境内地・運河用地・水道用地・用悪水路・
ため池・堤・井溝・保安林・公衆用道路・公園・雑種地
の以上の地目です。

23種類の地目のうち、家を建てられる地目は4種類しかありません。
都会では大半が「宅地」ですが、都会でない場合には様々な地目が見られます。


家を建てられる4種類の地目とは...
まずは「宅地」です。住宅とは限らず、工場・倉庫・事務所などの建物も、地目は
宅地です。しかし、地目が宅地だからといって、地盤の強さや、建築基準法などの
法令の基準を満たしているとは限らないので、個別に確認する必要があります。

宅地以外で家を建てられる地目は「山林」「原野」「雑種地」です。

「山林」「原野」の共通点は、耕作をしない、つまり地面を耕さない点です。

そして、「雑種地」とは他の22種類の地目のどれにも該当しない土地をいいます。

そのほかでは「田」「畑」は農地法の制限をクリアすれば、家を建てられる場合
もあります。


※山林に家を建てる場合に注意すること
地目が「山林」の場合、注意する点が3つあります。

⑴災害への警戒
「土砂災害警戒危険区域」などに指定される場合があります。

⑵法令上の制限
宅地造成等規制法、森林法などの制限を受ける場合があります。

⑶土木工事の費用
地盤改良や擁壁の設置工事などに多額の費用を要する場合があります。




地目が「雑種地」や「原野」の場合、宅地に比べてイメージが劣りますが
決して悪い土地ではなく、宅地にすることも可能です。
しかし、地盤改良などに時間や費用を要するケースもあるので、地盤調査を
必ず行ないます。

条件をすべてクリアして、家を建てたあとは、地目を「宅地」に変更する
登記申請を必ず行ないましょう。

2019年05月21日