西日対策で暑い日も快適に!

西日対策

 

日毎に暑くなっていくこの季節。暑さ対策で気をつけたいのが、西日です。

日中の暑さも厳しいですが、日が傾くにつれ家の中に入ってくる西日には
体力を奪われます。

そこで今回は、室内で快適に過ごすために知っておくべき西日対策について
ご紹介します。



◇西日の室内対策
まずは室内での西日対策についてご紹介します。

室内でできる西日対策と言えば、カーテンやブラインドなどの
ウィンドートリートメントを使うことです。

ウィンドートリートメントを効果的に使用することで、ある程度
西日の直撃を避けることができます。

ただ、窓ガラス自体やカーテンが暖まってしまうので、西日対策としては
直射日光は防げても温度という面ではそこまで大きな効果は発揮してくれません。

ウィンドートリートメントの他に効果的な西日対策としては、
窓ガラスの性能を上げるという方法があります。
西日が厳しい場所は遮熱タイプの窓ガラスを採用するのがおすすめです。



◇西日の室外対策
では次に室外での西日対策についてご紹介します。

→簾(すだれ)を使う
日本で昔から使われている簾(すだれ)。

実はすだれを家の外側につけるだけで、高い遮熱効果を得ることができます。

家の外側なのでカーテンのように熱を持っても室内が熱くなることがありませんし、
窓が熱を持つのも防ぐことができます。



→日よけシェードを使う
すだれはどちらかというと和風の家に似合いますが、家のデザインによっては
日よけシェードも効果的です。

サッシの外に日影をつくれるので、家の中が熱くなるのを防いでくれます。

いろんなサイズやデザインの日よけシェードが販売されているので、
家のデザインに合ったものを選ぶことができます。



→グリーンカーテンをつくる
日射を遮る方法として、夏場にグリーンカーテンをつくるという
方法もあります。

育った植物が西日をカットしてくれます。

グリーンカーテンをつくるのは簡単で、つる性の植物とネットを
用意すれば、あとは育てるだけで大丈夫です。

グリーンカーテンに向いている植物としては、アサガオやヘチマといった
つる性の植物が向いています。

ゴーヤやキュウリなど食べられる植物を植えてあげるのもいいですね。





西日対策は、室内だけでなく室外をどうするかが大きなポイントと
なってきます。

それぞれのご家庭にあった方法を使って暑い日も快適に過ごせるように
したいですね。


2019年06月04日