ブログ一覧

照明で室内をおしゃれに演出


今回は室内を演出する照明についてお話ししたいと思います。

家の中の雰囲気は、間取りと家具などのインテリアによってきまってきますが、
もう1つ忘れてならないのが室内照明です。
家の照明というのは家の雰囲気をつくるためにとても重要な要素となります。

照明で室内を演出する場合、照明器具のデザインで個性を出すのもいいですし、
間接照明にして家の中を照らすのもおしゃれです。

そこで、お手軽で簡単に室内の雰囲気が良くなる照明器具の配置方法について
ご紹介したいと思います。



☆光源を隠す光源を隠した照明の配置
光源を隠すというのは簡単ですが、実はすごく効果がある照明の配置方法です。

光源を隠すとはどういうことかというと、照明器具や電球を直接見えないように
配置するということです。
光源が見えないだけで、光の雰囲気やお洒落度はかなり上がります。

たとえば、観葉植物の影になる場所に照明器具を置いてあげてもいいですし、
家具で隠れる場所(ソファやTVの下や影になる場所)でも良いです。

光源を隠すことのメリットは、家が建ってからでも配置可能なことです。
間接照明だと、家を建てる段階で家具の配置などすべて計算が必要になってきますが、
光源を隠して照明を置く場合は家ができてからでもいつでも可能ですし、家具の配置を
変えた場合でも対応可能です。



☆フロアランプを置くフロアランプを置く
天井に照明を付けるだけでなく、置き型照明を床に置くだけでも部屋の雰囲気は大きく
変わります。

床に照明を置いてあげると光の重心が低くなり落ち着いた雰囲気を出すことができます。

たとえば、観葉植物と一緒に置いてあげてもいいですし、玄関ホールや広めのホールなど
があれば、そこに置いてあげるのも良いです。また、ソファの近くに置いてあげることで、

ゆったりと落ち着いた空間を演出することもできます。




☆壁、天井を照らす壁、天井を照らす
照明の光を壁や天井に当てると、反射して部屋全体に広がります。

さらに反射することで均一な光ではなく、光に陰影がつくようになり、部屋にメリハリが
出てきます。その結果、空間に奥行きを感じるようになり、部屋が広くなったように
感じます。

照明器具が照らす場所を真下以外に持ってくるだけで部屋の雰囲気を大きく変えることが
できますし、おしゃれな雰囲気にすることができます。



室内の雰囲気は照明の配置方法と照らし方で大きく変わってきます。
照明器具をいろいろ動かしながら自分の好きな光を探してみるのも楽しいかもしれません。
また、ショッピングついでに気に入った雰囲気のお店などがあれば、照明の使い方に注目
してみると家づくりにも応用が利くのでオススメです。

2018年11月29日

屋根の種類と形状

家の外観について、とくに大きく影響する部分として「家の形」、「家の屋根」、
「外壁の素材」、この3つが大きく影響してきます。

今回は、外観に影響する3つの中でも、「屋根の形」に注目してみていきたいと思います。


【屋根の3つの要素】
屋根を見るとき注目したいのが、「形」「軒の出」「勾配」という3つの要素です。

▶代表的な屋根の形屋根の形状

①切妻屋根(きりづまやね)
上の絵のように、2つに折れている屋根のことを「切妻屋根」といいます。
切妻屋根はオーソドックスな屋根の形ですし、実際に切妻屋根になっている家を
よく見かけます。
シンプルな形のため、屋根のつくり方ひとつで家の雰囲気が大きく変わってきます。


②寄棟屋根(よせむねやね)
上の絵のように、屋根が四方向に下がっている屋根のことを「寄棟屋根」といいます。
屋根が四方向に下がっているので、外壁が無駄に増えることもなく効率的です。
また、家がどのような方角に建っていても対応できるのが寄棟屋根の特徴です。


③片流れ屋根(かたながれやね)
上の絵のように、一方向へ屋根が流れている屋根のことを「片流れ屋根」といいます。
片流れ屋根は見た目もシャープな印象になるのでモダンな住宅によく合う屋根です。
小屋裏の高さも確保しやすいので、ロフトや小屋裏収納も作りやすいという特徴も
あります。
ちなみに、片流れ屋根にする場合は屋根の勾配次第で見た目がかなり変わるので、勾配に
考慮して外観を整えるのがポイントです。


④陸屋根(りくやね・ろくやね)
上の絵のように、屋根らしい屋根をつけるのではなく、平らな屋根のことを「陸屋根」
といいます。(「りくやね」もしくは「ろくやね」)
陸屋根は、見た目が四角い家にしたい場合や、屋上をつくる場合に採用する屋根です。
また、屋根全部を陸屋根にするのではなく、玄関の庇のみ陸屋根にするということも

できます。



▶軒の出方
屋根の形状以外にも、軒をどれだけ出すかで家の外観や雰囲気はかなり違ってきます。

軒を出さない方が四角い家に見えるので、モダンな家などにしたい場合に適しています。
一方、軒があることで外観に陰影がついて家に落ち着いた雰囲気が出てきます。

軒があると雨や日射による劣化や汚れに強い家になります。
また、軒があることで夏は厳しい日射を遮ってくれつつ、冬は太陽の角度が低くなるので、
軒があっても家の中に光を入れることができます。


▶屋根の勾配
屋根の勾配とは、屋根の角度のことです。
同じ屋根でも屋根の勾配が違うと、家の外観がかなり変わってきます。
そのため、家の外観を考える際には屋根の勾配を変えてみるのも1つの方法といえます。

その他、屋根材によっても必要な勾配が変わってきます。
瓦屋根だと勾配がある程度ないといけませんし、金属製の屋根材なら緩い勾配の屋根にも
使うことができるので、理想の外観に合わせて屋根の素材を選ぶのも効果的です。



屋根の形は家の外壁材や窓と並んで、家の外観を決定づける大きな要素となります。
また屋根は外観だけでなく、雨を防ぎ、日の光を調整する機能も果たす重要な役割を
持っています。
屋根の形にこだわりつつ、機能も併せ持った屋根にしてあげると、外観だけでなく
住み心地の良い家にすることができます。

2018年12月06日

部屋干しのオススメ場所と注意点

洗濯物を干す時には、部屋干しをするという方も多いのではないでしょうか。
共働きで昼間に家に誰もいない場合は、突然の雨に対応できないこともありますし、
毎日部屋干しはしなくても雨の日や花粉の季節は部屋干しをするという方もいらっしゃる
と思います。

今回は、部屋干しのオススメ場所や注意点について見ていきたいと思います。


【部屋干しの位置を決める時のポイント】
部屋干しをどこでするかを決める前に、まずはご家庭の洗濯スタイルについてしっかりと
頭に入れておくことが大切になります。洗濯スタイルについて把握することで、どこで
部屋干しするのが良いか判断しやすくなります。

いつ、どのくらいの量を干すのか?

洗濯の頻度と時間、生活スタイルによって、ベストな部屋干しの仕方も変わってきます。

現在の洗濯スタイルだけでなく、将来家族が増えた時のことも一度考えてみることで、
あとで「ここに部屋干ししたら邪魔だった」というケースや「この場所の部屋干しは使い
にくい」「洗濯物が干しきれない」という失敗をなくすことができます。


服などを収納するスペースとの位置関係

洗濯機から服を収納するスペースの動線のどこかに部屋干しスペースを設けると、洗濯して
あっちに行ったりこっちに行ったりしてやっと服の収納まで終わったということにならず、
スムーズに家事の動線をまとめることができます。


【部屋干しの場所】
LDKから洗濯物が見えると、かなり生活感が出てしまいせっかくのインテリアが台無しに
なってしまうので、基本的にあまり目立たない場所や目につかない場所に室内物干しを
設置するのが部屋干しをする時のポイントになってきます。

部屋干しに適している場所を見てみると、大きく3ヶ所に分けられます。

『洗面脱衣室』
洗面脱衣室は洗濯機を置くこともあり、部屋干しで1番よく使われる場所です。
やはり洗濯物を取り出してすぐに干せるという点で便利です。
洗面脱衣室を部屋干しに使う場合のケースとして重要なのが、洗面やお風呂などを使う
際に洗濯物が邪魔にならないかということです。洗面脱衣室はお風呂と繋がっている
ことがほとんどなので、物干しと人の動線とがかぶってしまう事があります。そのため、
洗面脱衣室で部屋干しをする場合は部屋の広さと人が通る場所に部屋干ししないことが
使いやすい部屋干しスペースにするために重要となってきます。

『部屋(寝室など)』
部屋で室内干しをする場合、部屋干ししている間はあまり使わない部屋で室内干しをする
のがベストとなってきます。例えば、日中の寝室などといったスペースで部屋干しする
のも良いです。

『ホールやサンルーム』
ホールの空いたスペースや、サンルームで部屋干しをするというケースです。
ホールを活用される方は意外と多く、2階に日当たりの良いホールを設けてそこに
洗濯物を干すという方もいらっしゃいます。
ホールに洗濯物を干す場合の注意点としては、人が通るスペースはしっかり確保して置く
ことと、ホールに吹抜けなどがある場合は吹抜けを通して洗濯物が1階に見えないように
しておくことが注意点となります。
また、サンルームは花粉症の方など洗濯物は基本的に室内に干すという方に適した
部屋干し方法です。


【オススメの室内物干し】
室内物干しには、いろいろなタイプがあります。

天井に取り付けた金物に、取り外しができるポールを設置して使うタイプ
→ポールとポールの間に物干竿を取り付ければ完成するので便利です。

物干し竿を天井に収納できるタイプ
→先ほどのものと比べると物干し竿の取り外しをしなくていいのが大きな違いです。
 狭いスペースだと物干し竿を壁にぶつけてしまうこともあるので、物干し竿の取り外しが
 必要ないのはかなり便利です。

巻き取り式のワイヤーを引きのばし、そのワイヤーに洗濯物を掛けて使用するタイプ
→スタイリッシュで物干しにもあまり見えない点がオススメです。



室内物干しを上手く使いこなすことが、楽に部屋干しするための秘訣となってきます。
洗濯は日常生活に直結する部分なので、ぜひご家庭に合った部屋干しスタイルを見つけて
みてください。

2018年12月11日

カーテンの種類と選び方

今回は、家の中の雰囲気に影響を与える要素であるカーテンに注目し、
カーテンの種類とカーテンを決めるときのポイントについてお伝えしたいと思います。


『カーテンの種類』
カーテンなど、窓周りにつける装飾全般のことをインテリア業界では
「ウィンドウトリートメント」と言います。
カーテンだけでなく、ブラインドやロールスクリーンなどもウィンドウトリートメントの
1つになります。

家でよく使われるウィンドウトリートメントには次のような種類があります。

▶ダブルカーテンダブルカーテン
ドレープと呼ばれる厚手のカーテンと光を透す薄手のレースのカーテンを組み合わせて
いるのがダブルカーテンです。
一般的にカーテンと言えば、このダブルカーテンのことを指します。

ダブルカーテンを選ぶ際のポイントとしては、まずは色づかいが挙げられます。
家具に合わせた色使いを選ぶとインテリアに馴染みやすいですし、室内のアクセント
として異なった色合いや柄などがあるものを選択するなど選び方は様々です。
また、ドレープはヒダやスタイルによっていろんな表情になるので、ドレープを
インテリアに合わせたコーディネートにすると家のインテリアがレベルアップします。

その他、ドレープは断熱性や遮光性、防音性に優れているので、LDKや寝室など、
用途に合わせて選んであげるのも効果的です。

一方、レースカーテンも薄い物から中が見えにくい物まで様々なカーテンがあります。
昼間は家の中が丸見えにならずに光を入れることができるため、レースカーテンのみ
という使い方をすることが多いですが、どれくらいレースカーテンが透けて外から見える
のかは意外と見落としやすく、あとで思っていたよりも中が丸見えだったということも
あるので、購入前には確認が必要です。



▶ロールスクリーンロールスクリーン
上部で巻き上げるので、開口部がスッキリと見えるのがロールスクリーンの特徴です。
窓周りだけでなく、間仕切りや収納の目隠しとしても使うことがあります。

たとえば、建具のない和室の天井に埋め込んでおいて、日頃は開放的な和室、
誰かが和室に泊まった時にはロールスクリーンを降ろして部屋として使ったりと、
ロールスクリーンは幅広い用途で使うことができます。



▶ブラインドブラインド
何枚ものスラット(羽根)が組み合わさって出来ているのがブラインドです。

ブラインドはスラット(羽根)の材質によって見た目や質感が違ってきます。
たとえば、ウッドブラインドはスラットに天然木を使用していて、重厚感と存在感を
出したいときに向いています。アルミのブラインドを使えば、モダンでシャープな印象を
与えてくれ、スッキリとした雰囲気のインテリアに最適です。



▶縦型ブラインド縦型ブラインド
普通のブラインドは横にスラット(羽根)が並んでいますが、垂直にスラットを並べた
ブラインドのことを縦型ブラインドと呼びます。

大きな掃き出し窓に使われることが多く、普通のブラインドに比べて出入りが頻繁な場所
にも使いやすいのも大きなメリットと言えます。

また、光の調節もしやすく、特に縦型ブラインドは縦のスラットがキレイで部屋が
お洒落に見え、高級感が出るのも大きな特徴です。

横型、縦型どちらのブラインドにも共通して言えることですが、ブラインドは光の量を
調整しやすい反面、断熱性能や遮音性能は高くないので、サッシの性能に注意が必要です。



▶シェードシェード
シェードは、生地を水平にたたみながら、上下に昇降させて使います。

似た様な造りのロールスクリーンと同じように布溜まりが上部にできるので、部屋が
スッキリ見えるのが特徴です。

ただ、シェードは上げ下げに手間が掛かるので、頻繁に上げたり下げたりするのには
向いておらず、主に小窓に使うのがおすすめです。



▶プリーツスクリーンプリーツスクリーン
プリーツスクリーンは、和室、洋室どちらにも映えるデザインが特徴です。
素材も様々で、和紙や不織布を使った物もあり、色合いだけではなく質感も楽しむことが
できます。

プリーツスクリーンには、断面を蜂の巣状(ハニカム)にしたハニカムスクリーンという
ものもあり、断熱性が向上するというメリットがあります。




『カーテンの効果』
次に、カーテンなどウィンドウトリートメントにはどんなメリットがあるのかを
見てみましょう。


【自然光の量の調整】
カーテンをつけることで、部屋の中に入ってくる光の量をコントロールできるように
なります。光を入れたい時はレースのカーテンを。光をカットしたい時はドレープを
使えばカットできます。

また、遮光カーテンなどもあるので、夜勤で昼間に睡眠をとることがよくある人や、
寝室の側に街灯がある場合に重宝します。


【内外からの視線の調整】
カーテンは光の調整だけでなく、視線の調整にも役に立ちます。
昼間は家の中が外から見えにくいので、レースのカーテンで光を入れながら視線をカット。
反対に夜は家の中が外からよく見えるので、遮光性能の高いカーテンを使って家の中が
見えないように視線を調整できます。


【暑さ寒さを和らげる】
カーテンを付けることで夏の直射日光を防いだり、冬は暖房の効きを良くすることができ
ます。窓は家の中で一番断熱性能が弱くなりやすい場所なので、カーテンで断熱性能を
補います。

プリーツスクリーンやカーテンは断熱、遮光性に優れているが、ブラインドなどは
断熱性能はほとんど期待できないなど、使用するウィンドウトリートメントの種類に
よって家の断熱性能が異なってくるので、選択する際には考慮する必要があります。


【防音などの機能性】
カーテンには防音性能を高めたものや、防炎性能が高いものもあります。
そのため、大きな音量で映画を見たり音楽をかける部屋では、防音性能が高いカーテンを
使うのがおすすめです。カーテンが有るか無いかで、音の漏れ方は異なってきます。


【インテリアとしての雰囲気づくり】
カーテンは、家具と同じように家の雰囲気を大きく変える要素の一つです。

たとえば、白い壁に白ベースのカーテンをつけてあげればカーテンの存在感を少なくする
こともできますし、色や模様が違うカーテンをつければ部屋のアクセントとしても使うこと
ができます。

また、ブラインドを使えばモダンな印象になりますし、縦型ブラインドを使えば部屋に
高級感を演出することがでます。

一方、洋風の家であればカーテンの形やカーテンレールといった細かい造りを上手く取り
入れるとインテリアのポイントになります。



カーテンは日常生活でよく使うものですし、部屋のインテリアに大きな影響を与える
ものでもあります。それぞれのウィンドウトリートメントの機能性を知り、快適かつ、
部屋の雰囲気に合った素敵なカーテンを選んでみてください。

2018年12月19日

部屋別おすすめインテリアグリーン(1)


今回は、部屋のインテリアをよりお洒落に演出するインテリアグリーンについて

ご紹介します。

植物を購入するときには、どこにおきたいのか、その植物にあった環境が整っている
のかが長持ちをさせるコツとなります。植物によって、日なたがいいものや、半日陰が
いいもの、または日陰がいいものなどがあります。

家の部屋別に、おすすめのインテリアグリーンをご紹介します。



ー リビング ー

【アロエ】アロエ
殺菌力があり、傷口が早く治るといわれるアロエ。
アロエは傷に使うだけでなくインテリアグリーンとしても人気で、年間を通して
日当たりのよい場所が最適です。



【オリーブ】オリーブ
オリーブは日当たりと風通しのよい場所を好みます。
窓辺やベランダが最適なポジション。
実がなるタイプの植物ですが、実をつけるには2本以上のオリーブがあるとよいと
されています。



【エバーフレッシュ】エバーフレッシュ
明るくなると葉を開き、暗くなると葉を閉じるエバーフレッシュ。
エバーフレッシュを育てる時は、日当たりのよい場所でたっぷり水やりをするのが
ポイントです。光不足、水不足がすぐに葉にでるので注意してください。
冬場は水を控えめにするなど、季節によって育て方が変わる植物です。



【マングローブ】マングローブ
マングローブは、熱帯や亜熱帯の沿岸地域に根元が河口域や海水に浸かって生育している
植物の事を指します。
海水ではなく普通の水でも育ちますが、もともと水に浸かっている植物なので乾燥には
非常に弱く、ガラスの器にハイドロボールの表面まで水を入れて育てたり、霧吹きで
葉の表裏に水を与えて乾燥しないようにするのがポイントです。



ー キッチン(半日陰)ー

【アジアンタム】アジアンタム
アジアンタムはシダ科の、繊細な葉が涼しげな夏向きの植物。
半日陰を好むように乾燥には弱いので、エアコンの近くには置かないようにしましょう。



【サボテン類】サボテン類
ミニサボテンはインテリアとしてとても人気があります。
手間が掛からないので、ミニサボテンを育てているという方も多いのではないでしょうか。
もともと砂漠地方の植物なので乾燥にはとても強いですが、季節ごとに適度な水やりが
必要です。
成長は比較的遅いものが多く、ガラスの容器の中に植えて育てるテラリウムを採用して

サボテンを楽しまれる方が増えています。




【シュガーバイン】シュガーパイン
カフェなどの店舗でもよく見かける人気のグリーン。
半日陰のエリアや寒さにも比較的強い植物ですので場所を選ばずにおくことができます。



【ポトス】ポトス
つるが元気よく伸び、鮮やかな緑の葉が特徴的なポトス。
伸びたつるをカットし、水に挿しておくだけで根がでる繁殖力の強い植物です。
美しい葉色を保ちたいならできるだけ明るい場所で育ててみると、長く葉色を楽しむ
ことができます。



ー 洋室(日向)ー

【アンスリウム】アンスリウム
花と葉形がとっても個性的なアンスリウム。
和室、洋室、キッチンなど場所を選ばず育てることができます。
葉水を与えるときは、霧吹きではなく湿らせたスポンジなどで葉を拭くように湿らせると
効果的です。



【ガジュマル】ガジュマル
ガジュマルは根っこの形がとてもユ二ークな植物で、和風にも洋風にもアレンジ可能です。
和風にするときは黒い鉢にコケを敷いて盆栽風にしたり、洋風にしたいときは白のスクエア
鉢に植えるととてもモダンな印象になります。



【シルクジャスミン】シルクジャスミン
夏には小さな白い花が清々しく香るグリーンです。
花が終わった後、気温や水やりに注意して上手に管理すれば、冬には赤色の実がつきます。
赤い実とグリーンの葉のコントラストが美しく、鑑賞価値の高い植物とされています。



ー 洋室(日陰)ー

【パキラ】パキラ
曲がった幹や、複数の株を寄せ植えして三つ編み状になった根っこのパキラは
人気のあるグリーンの一つです。
土を使わず水栽培を行なうハイドロカルチャーが似合う植物で、栽培も簡単です。



【フィカス・ウンベラータ】フィカス・ウンベラータ
大きなハート型の葉を持つ美しい常緑高木です。
存在感があり、部屋をオシャレな空間に演出してくれるグリーンです。



今回の部屋別おすすめグリーンの紹介はここまでです。

他の部屋のおすすめグリーンは次回のブログにてご紹介させて頂きます。

 


2018年12月25日

部屋別おすすめインテリアグリーン(2)


前回に引き続き、家の部屋別におすすめのインテリアグリーンをご紹介します。



ー 和室(半日陰)ー

【シュロチク】シュロチク
シュロチクは四季を通して美しい緑を楽しむことができ、株分けで簡単に増やすことが
できます。 葉先が枯れて変色したら、葉の形に合わせて変色した部分をはさみでカット
すれば大丈夫です。
鉢の種類によっても印象が変わり、藤で編んだ鉢はとてもナチュラルな雰囲気ですが、
黒や白の陶器の鉢はモダンな印象になります。



【ヤシ類】ヤシ類
エキゾチックな雰囲気を漂わせるヤシ類は日向というイメージがありますが、いずれも
耐陰性があります。 本来は強い光を好みますので、春〜秋はベランダなどの屋外で
日向ぼっこをさせると丈夫な株になります。



【スパティフィラム】スパティフィラム
すらりとのびたグリーンの葉と、長い花茎の先端に花を咲かせる上品な雰囲気の
スパティフィラム。 花びらのような仏炎包は、花の咲き始めは白ですが、時間が経つに
つれて緑色になります。 そのまま放置すると種をつけて株が弱るので、緑色に変わって
きたら花茎の付け根から早めに切り取るようにしてください。



ー 玄関(日陰)ー

【アスプレニウム】アスプレニウム
海藻のようにゆったりと揺らぐ印象を持たせるヒーリングプランツとしても人気の
アスプレニウム。
本来は高温多湿を好みますが、乾燥にも強いので簡単に育てることができます。



【フィカス・エラスティカ】フィカス・エラスティカ
「ゴムの木」として日本のインテリアシーンで親しまれているグリーンです。
どんな環境でも馴染みやすく育てやすいグリーンですが、湿気を好む植物ですので、
乾燥した室内に置くときは霧吹きで葉水を与えてください。



【モンステラ】モンステラ
エキゾチックで南国の雰囲気が感じられる個性的なモンステラ。
繁殖力旺盛で初心者でも育てやすく、ミニ観葉から吊り鉢スタイルまで自由に
楽しむことができます。



ー 洗面所・浴室(日陰)ー

【アスパラガス】アスパラガス
繊細でしだれる草姿が魅力のアスパラガス。
耐陰性があるため、日陰におくことができます。
布や竹のマットを敷いてエスニック風にしたり、ガラスの器にハイドロボールを入れて、
ハイドロカルチャーとしても楽しめます。



【ハートカズラ】ハートカズラ
ハート型の葉が連なることから「ラブチェーン」とも呼ばれるハートカズラ。
ハンギングにしたりスタンド鉢で高さを出して飾ってみるのも良いですね。



ートイレ(日陰)ー

【セダム】セダム
ぽってりと愛らしい多肉植物です。
セダムは種類が多く、厚みのある葉に水分や栄養を蓄えることが出来る植物なので、
小まめな水やりや肥料を必要としません。
ブロックにサボテン用の土を入れ植えたり、木箱にサボテン用の土を入れて植えると、
個性的なグリーンになります。



【ワイヤープランツ】ワイヤープランツ
ワイヤープランツは、かわいい丸い小さな葉のつるもの植物です。
ガラスの器に根腐れ防止剤と色のついたカラーサンドをいれスタイリングしたり、
小さな鉢にこんもり植えるのもおすすめです。



家の中にグリーンを取り入れることで、暮らしを豊かに彩ることができます。
今回紹介したインテリアグリーンの他にも部屋をお洒落に演出することができる
グリーンがたくさんあります。見た目だけでなく、日照や水やりの観点から、
長く楽しめるインテリアグリーンを探してみてください。

2018年12月26日

『ニッチ』を活用して暮らしを楽しく

 

今回は、作り方次第でいろんな見せ方ができる『ニッチ』について
ご紹介したいと思います。

家型ニッチ
ニッチとは、もともとは隙間やくぼみという意味で、建築では壁の一部をくぼませて
飾り棚や収納にしたものを指します。

飾り棚を設置すると、壁面から数センチ〜数十センチ出っ張りますが、ニッチは壁を
くぼませて作るために出っ張りがほとんどなく、場所を取らずにちょっとしたスペース
づくりができます。

飾り棚として作る場合は、ニッチの中にダウンライトや間接照明を入れたり、
コンセントを入れたりすることもできます。

ニッチ ダウンライト

収納目的で作る場合は、フックをいくつか設置したり、扉をつけて中を見せない
ようにしたり、可動棚を入れて有効活用した作り方をすることもできます。

フック付きニッチ
また、ニッチの底面を古材のような味わいのある板にしたり、壁紙を貼って壁に同化
させるようなデザインにしたりなど、同じような形のニッチでも素材やデザインで
印象が変わってきます。

その他にも、ニッチの中の棚をガラス板やアクリル板にしてディスプレイをゴージャスに
見せたり、ニッチの正面壁にタイルやコルクボードを貼ったりすることで、オリジナル感が
高まります。

ニッチ ガラス棚



《ニッチのメリットについて》

ニッチの代表的なメリットとしては、

▶出っ張りが少なく、室内を広く使える
▶存在だけでおしゃれ感UP
▶オリジナル性が非常に高い

といった事が挙げられます。

なんといってもニッチのメリットは、壁をくぼませて作るために空間への圧迫感が
少ないところです。

また、階段や廊下などの空間にニッチを作り、中にミニダウンライトを入れる
ことで、何かを飾らなくてもニッチの存在だけで十分おしゃれ感がUPします。

連続ニッチ

 



《ニッチのデメリットについて》

ニッチのデメリットとしては、

▶壁厚以上の奥行きは作れない
▶外壁面に接している壁や耐力壁には作れない
▶飾る内容によっては地震対策が必要

などが挙げられます。

ニッチを作る際に大事なのは壁の厚さ。
そのためニッチの奥行によっては必要壁厚が厚くなり、通路幅が狭くなったり、壁を厚く
することによって圧迫感が出たりということもあります。
作ろうとしているニッチの場所の壁の厚さを確認することが大切です。

また、外壁面に接している壁や耐力壁の場合は、断熱材や構造上の問題があるため
ニッチを作ることができないので、ニッチを作りたい場所の壁がどういう役割を
担っているのか、設計士さんにチェックしてもらうことが大事です。

また、飾りたいものにもよりますが、花瓶や陶器などの小物をディスプレイした場合、
地震などで小物が転倒し、床に落ちて割れてしまうということも可能性として
出てきます。ディスプレイした時に滑り止めなどのシートを貼って、ある程度の揺れでも
小物類が転がったり落ちたりしないよう対策することが大切です。



《ニッチの活用アイデア》

☆ディスプレイ棚
玄関、廊下、階段、リビング、寝室など、設置場所も多岐に渡ります。

LEDのミニダウンライトを入れて華やかにしたり、コンセントを入れておくと
ランプなどを置くこともできます。

ニッチ コンセント入り

季節を感じる花を花瓶に入れて飾ったり、インテリアグリーンを置いたりすることで、
お洒落な空間を演出することもできます。

ニッチ インテリアグリーン

また、何かを飾らずに正面壁にタイルを貼ったりという方法もあります。
おしゃれな壁紙に変えたり、素材を変えたりして素敵なニッチを作ってみるのも

良いかもしれません。

ニッチ コラベル


☆スイッチやリモコンのコントロールセンター
リビングやキッチンなど、スイッチやリモコンが集中する場所の壁を少しくぼませて、
リモコンなどのでっぱりをスッキリさせるという手法も有効です。
特にインターホンのモニタ画面付き子機などは出っ張りがあるほうなので、ニッチの中に
設置すればスッキリ見せることができます。

ニッチ スイッチ収納


☆マガジンラック
子供用の絵本や雑誌類、料理本などを置いておくマガジンラック用のニッチを
作っておくと、さっと取り出して使え、おしゃれで実用的です。

ニッチ マガジンラック


☆洗面収納
洗面化粧台付近は、住宅の中でも特に細々とした収納が必要とされるエリアです。
洗面化粧台は洗面室の角に設置することが多く、左右どちらかが壁に接していることが
ほとんどですので、その壁をくぼませて収納用ニッチを作ることもできます。
歯ブラシスタンドや整髪用スプレー、メイク用品、ドライヤーなどを収めたり、タオル掛け
などを設置したり、用途も様々です。

洗面収納 ニッチ


☆黒板やコルクボード
リビング、ダイニング、子供部屋など、ニッチを作ってその中に黒板やコルクボードを
入れるという作り方もあります。
お子さんが遊ぶ用に作るときは高さを低めに設定し、学校からのプリントを貼って
おいたり、家族の伝言などを書いておくような使い方をする場合には、家族が見やすい
目線の高さにあわせるのがポイントです。

黒板 ニッチ


ひとくちにニッチといっても、その使い方や形は実に様々です。
それぞれの家族の暮らしに合ったニッチを作って、素敵で快適な家づくりを
目指してみてください。

2019年01月09日

無垢の木「マツ」

今回は優れた強度をもつ「松(マツ)」についてお話します。

種類豊富なマツ、その特性マツ林
国産材の針葉樹「マツ」には、多くの種類があります。
北海道で見られるのは、トドマツやエゾマツです。
本州から九州の海岸に立ち並ぶのはクロマツで、塩害に強く、砂地でも根を
張るため古くから防潮林として海岸に植えられました。アカマツは本州から
九州まで広い範囲で見られ、内陸で育ちマツタケを生産するマツです。

マツは、梁や桁などの構造材、床材、造作材、天井材、建具、家具などに
使われます。マツの種類により、硬さ、強度、耐久性、加工性なども異なる
ため、特性に合わせて用います。

松ヤニが染み出すことがありますが、それは耐水性や抗菌性の高いあかしです。

マツの木材としての呼称である「パイン材」は「欧州赤松」を指すことが多く、
これに対して北米産のものは「ベイマツ」、国産の材は「地松(ぢまつ)」
というように呼び分けられます。



マツを使った建築事例
今回は、北米産の「ベイマツ」と、国産材の「カラマツ」の建築事例を紹介します。

【ベイマツを使った建築事例】ベイマツ 建築事例
ベイマツは、北米西海岸を中心に広い範囲に分布し、北米で最も多く見られる
針葉樹です。材質は強く、曲げ強度に優れ、木造建築の構造材、特に、梁や
桁などの「横架材(おうかざい)」として適しています。

ベイマツ 木材
心材は黄色を帯びた赤褐色で辺材は淡黄色。木目が鮮明できれいです。
強靱で、反りやねじれが生じにくく、安定性や加工性の良い材料です。
十分に乾燥させたベイマツは強い建物をつくる貴重な建築材料です。



【カラマツを使った建築事例】カラマツ 建築事例
カラマツは赤みが強く、木目がはっきりしていて堅い材質感です。
本州中部で海抜1000mから2000mの地域に見られ、北海道、東北、
本州中部の寒冷地帯で多く造林されています。
カラマツ以外のマツは常緑の針葉樹ですが、カラマツは、唯一の落葉樹で
カラマツ林は秋の紅葉の美しいことで人気があります。

カラマツ 木材
カラマツは日当たりの良い山地に育ち、土壌の悪いところでも育つ樹木です。
材は赤みを帯びて、 心材は褐色、辺材は白色。年輪がくっきり浮かび上がっています。
針葉樹の中では堅く、強度の高い材で、湿気にも強く、床材としても人気があります。



ベイマツの梁とカラマツの床板を活かした、丈夫な自然素材の家で
木の香りや木目の美しさを楽しみながら暮らしてみるのもよいですね。

2019年01月07日

お部屋のポイントに(タイルの貼り方パターン)

 

今回は、内装タイルについてお話ししていきたいと思います。
トイレや洗面、キッチンなどにちょっとしたポイントとしてタイルを貼ることで、
お部屋をよりおしゃれに見せることができます。

タイルの柄や色はもちろん、貼り方によってもお部屋の印象が変わってくるので、
よく使われる代表的なタイルの貼り方のパターンをご紹介します。


【タイルの目地とは?】
タイルを貼る場合、同じサイズのタイル同士でもサイズの誤差や反りなどがあるため、
ピタッと突きつけて貼るとどうしてもどこかに隙間ができたり出っ張りができて
しまいます。
そのため、タイルとタイルの隙間に目地材という充填材を入れます。
目地材のラインを入れることにより、タイルのサイズの不揃いさが目立ちにくくなり、
美しく貼ることができます。
また、気候の寒暖によってタイルや下地のモルタルが収縮したり膨張したりするので、
目地材が緩衝材の役割を果たしてくれます。
例外として、タイルの貼り方には「ねむり目地」といって、タイルとタイルを突き合わせる
ように貼り目地を見せない貼り方もありますが、タイルの剥離や破損のおそれがあるため、
ねむり目地専用のタイル以外は目地が見えるように貼ります。



◆通し目地(いも目地)通し目地
シンプルにまっすぐ縦横のラインがそろうようにタイルを並べた
代表的な貼り方です。
目地のラインが美しくそろっているのが特徴です。



◆破れ目地(馬踏み目地)破れ目地
タイルを半分ずつずらして貼る貼り方です。
貼り方で個性が出るので、シンプルなデザインのタイルでも
印象的な面になります。



◆四半目地四半目地
貼る箇所の垂直や水平に対して、45度斜めに貼る貼り方です。
端部にはカットが必要となります。



同じタイルでも、貼り方が違うだけで印象ががらりと変わります。
特にシンプルな柄やデザインのタイルほど、貼り方を工夫するだけで
見違えるほど個性的になります。
ぜひ、タイル選びの際には貼り方も検討してみてください。

2019年01月15日

窓ガラスの種類と使い方について

家の窓を決める時、窓の種類だけでなくガラスの種類も決めることになります。
代表的なガラスの種類としては、「透明ガラス」と「型ガラス」が挙げられます。
この「透明ガラス」と「型ガラス」を意識してみるのと意識しないのでは家の質は
かなり違ってきます。
そこで今回は、「透明ガラス」と「型ガラス」の特徴と使い方について見ていきたいと
思います。


【透明ガラスと型ガラス】

透明ガラス
透明ガラスはその名の通り透明のガラスで外がよく見えるガラスのことです。


型ガラス
型ガラスはガラスの表面が凸凹していて外側が見えにくくなっているガラスのことです。



基本的には、外が見たい場所は透明ガラス、外から見られたくない窓は型ガラスという
ように使い分けることになります。

家の周りに何も無い場所をのぞき、一般的な住宅地では型ガラスを使用する割合の方が
高い傾向にあります。

このような透明ガラスと型ガラスですが、実際にはどのように使い分ければ効果的なので
しょうか。



▶透明ガラスのケース
透明ガラスを使うケースとしては、庭が見える窓は透明ガラスにすることがほとんどです。
家の中から庭が眺められるようにするという訳です。
実際、透明ガラスの効果は高く、視線が抜ける場所に透明ガラスを使うか型ガラスに
するかで家の中の広がり方は大きく違ってきます。

高窓
その他のケースとして、2階に水まわりがあったり、1階でも確実に視界が抜けるケース
であれば、高窓にして透明ガラスにすることもできます。
換気を考慮して開けられる窓との連窓にしてもいいですし、視界が外に抜けることで
水回りが広く見える効果と、明るい水回りにすることができます。

このように敷地形状や周辺環境を考慮しながら透明ガラスを使うと、より開放感のある家にすることができるので、透明ガラスは「中が見える」という先入観だけでなく柔軟に使い
こなすことがポイントです。



▶型ガラスのケース
型ガラスを使うケースとしては、基本的に丸見えだと困る場所やすぐ近くにお隣の窓が
ある場合は型ガラスを使うことになります。
水まわりや景色を期待しない窓は型ガラスにするというのが基本的な使い方になります。

型ガラスを使うことで、透明ガラスに比べて家の中が格段に見えにくくなるので、
型ガラスはプライバシーを重視する時に重宝するガラスと言えます。

しかし、型ガラスだからと言っても外から全く見えない訳ではなく、夜に部屋の明かりを
付けると型ガラスにシルエットが浮かんでしまうこともあります。

型ガラス シルエット
夜に型ガラス越しに家の中がどのように見えるのか、また、窓のサイズを調整したり
窓の位置を変える等、あらかじめ近隣環境に合わせた窓の配置を考慮しておくことが
大切です。



型ガラスと透明ガラスでは同じガラスでも役割は全く異なります。
水まわりや景色を期待しない窓は型ガラスにして、視線の抜けをつくる時や外を眺める
場所に透明ガラスを使うのが基本的な選び方となります。
また、家の外から家の中がどのように見えるかというのは意外と見落としやすいポイント
であり、とくに夜、家の中が明るくなると思ったよりも外から見えてしまうことがある
ので注意しましょう。
以上のことを踏まえながら、窓ガラスを効果的に使って快適な家を計画してみてください。

2019年01月17日

知っておきたい階段の種類

階段は、家の間取りやデザインの重要なポイントとなり、また日々使うところなので
使い勝手も考慮しなければならない場所です。
そこで今回は、よく使われる階段の種類をご紹介しながら、そのメリットとデメリットを
お話ししたいと思います。



木製階段(ストリップ階段)木製階段 ストリップ階段
木製のストリップ階段の特徴は、箱形の階段に比べて見た目が軽くなるというのが
1番のメリットになります。下が空いているので部屋が広く見える効果があり、
リビング階段にするときには重宝する階段です。

また、階段越しに窓を配置することもできるので、どちらかと言うと日当りの悪い場所に
配置されがちな階段を大胆に南側にもってくるということも可能です。

一方、木製ストリップ階段のデメリットを挙げるとすると、見た目のキレイさや階段の
強度を保つため、ある程度の太さや大きさが必要となり、箱形階段に比べて割高になって
しまうことが挙げられます。



木製階段(箱形階段)木製階段 箱型階段
1番ポピュラーなのが木製の箱形階段です。
木製の箱形階段には2種類あり、真ん中に折り返しがある階段と、直線的に登る階段の
2パターンに分けられます。

箱形階段の場合、階段の下のスペースをトイレとして使用したり、物入れとして使用する
ことができます。そのため、コンパクトな住宅などスペースを少しでも有効活用したい
場合は箱型階段は強い味方になってくれます。
また、箱型階段は形も自由に作りやすいので、間取りに合わせた実用的な階段と言えます。

一方、箱形階段のデメリットを挙げるとすると、階段に個性を出すのが難しいという点、
また、箱型階段は壁に囲まれた造りになることが多いので、場合によっては暗くなったり
することもあります。階段に窓を配置したり、照明が入ったニッチなどを設けることで、
個性を出したり、暗さを解消することもできます。



鉄骨階段鉄骨階段
階段に個性を持たせたいのであれば、鉄骨階段がおすすめです。
鉄骨階段があるだけで家のオシャレ度が高くなります。
鉄骨階段の場合は、形もかなり自由につくることができます。
見た目の軽やかさと形の自由度が鉄骨階段の1番の魅力となります。

一方、鉄骨階段のデメリットを挙げると、価格の高さが挙げられます。
また、鉄骨階段にする場合、全部鉄骨だと階段を上り下りする時に足が冷たいですし、
滑る恐れもあります。なので踏み板の部分は木製の踏み板にするなどの考慮が
必要になります。



らせん階段らせん階段
踏み板が螺旋状に並んでいるのがらせん階段です。
らせん階段の1番の魅力は、そのシルエットの奇麗さです。
オブジェのようにも見えるので、らせん階段があるだけでオシャレな部屋に見えます。
らせん階段はモダンな住宅によく使用されますが、和風の住宅に使っても部屋によく
馴染みます。

また、らせん階段は場所をあまり取らないので、コンパクトな家をつくる時も重宝
しますし、階段を通して光を入れたい時もらせん階段は効果的です。

その一方、らせん階段のデメリットを挙げるとすると、鉄骨階段と同じように価格の
高さが挙げられます。使用する素材と特殊な形状のため費用がかかるので、ある程度
の予算を確保しておく必要があります。




階段は家の1階と2階をつなげるためのモノですが、階段のデザインや造り次第で家の
印象はかなり変わってきます。
そして、階段は間取りとの連動性が高いため、間取りをつくる段階でどんな階段にしたい
のか計画することが必要です。

2019年01月22日

ドアと引き戸のメリットとデメリット

建具は毎日開け閉めする場所です。
なので使いやすい物を選びたいですし、その人に合った仕様にしておきたい場所でも
あります。
そこで今回はドアと引き戸のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。



▶ドアドア
まず、ドアのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

→ドアのメリット
ドアのメリットを挙げると、引き戸よりも気密性が良い事が挙げられます。
引き戸よりもドアの方が密閉して閉まるので、気密性が良くなります。
また、ドアの方が引き戸よりもデザインなどレパートリーが多く、お気に入りのドアを
1つでも取り入れてみるのも楽しいですね。

→ドアのデメリット
ドアのデメリットを挙げると、ドアを押して開ける場合、人がよく通る場所だと気付かずに
ドアを人にぶつけてしまう可能性が出てきます。とくに、階段の登り口や降り口にドアが
あると危険なので、ドアを設けて問題無い場所かどうかや開き方をしっかり確認しておく
必要があります。
また、ドアは開くためのスペースがどうしても必要となってきます。
ドアが邪魔になってしまう場合、中折れ戸を採用するなど開くためのスペースをコンパクト
にする工夫が必要です。



▶引き戸引き戸
次に、引き戸のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

→引き戸のメリット
引き戸のメリットを挙げるとすると、ただ扉を閉めるという機能だけでなく、引き戸を
開け放しにもできますし、少しだけ開けておくなどといったフレキシブルさが挙げられ
ます。個室として使いたい時は引き戸を閉め切ればよいですし、風を通したい時や部屋の
中の様子を見えるようにしておきたい時は少し扉を開けておくなど、開き具合を調整し
やすいのが良いところです。
また、引き戸は扉を引き込むことができるので開放感を出すことができます。
2枚や3枚の引き戸を使えば建具で仕切っているのにも関わらず、開ければかなりの
開放感を出せるようになります。LDKの隣にある和室との間に引き戸を採用すると空間の
一体感を出すのに大活躍します。
その他にも、ドアとは違い扉を開けるのにスペースがいらないので、部屋を広く使う事が
できます。

→引き戸のデメリット
引き戸のデメリットを挙げると、引き戸を引き込むスペースが必要になるので、場所に
よっては引き戸が付けられない場合もあります。そのため、引き戸を多用したいという
場合は間取りをつくる段階であらかじめ意識しておく必要があります。



家は建具の使い方次第で住みやすくもなったり、その反対で住みにくい家にもなって
しまいます。家の中の見た目というのも建具次第で大きく変わってきます。
建具を上手く使いこなすことが、住み心地の良い家を実現するポイントの一つです。


2019年01月24日

キッチン収納のポイント

キッチン収納

 

今回は、きれいなキッチンを長く保つための収納のポイントをご紹介したいと思います。


キッチンの収納計画
キッチンの収納計画というのは、いかに効率よくラクに家事をこなせるかという作業効率、
簡単に言うと家事に使う時間に直結します。

現在のキッチンは、1台で複数のコンロで作業したり、家電の活用で、昔よりもはるかに
効率よく時間がかからずに家事をこなせるように設計されていますが、収納計画をしっかり
立てておくことで、さらにキッチン作業がラクになります。

そんなキッチンの収納計画でポイントとなるのは、
★最短距離にものを配置する
★最小動作でものを取り出す(扉を開けたり、手で取るなどのアクション数)
この2点です。
このポイントをうまく組み合わせることで、作業効率が劇的にアップするようになります。


では、具体的にキッチン収納をどうすればいいのか見ていきましょう。

■適切なボリュームの収納量
キッチンの収納を考える時、まず重要なのが適切なボリューム。量です。
ラップや食器用洗剤の詰め替えなど、キッチンの収納に納めなくてはならないものが
たくさんあります。どのくらいの量のストックを納めるのか、それを収めるにはどの
くらいの大きさの収納が必要なのかを把握し、キッチンの収納を計画していくことが
大切です。


■動作にかなった収納位置
キッチンでの動作は大きく分けて、「洗う」、「カットする」、「火を使う」、
「盛り付ける」といった4タイプの動作があります。
この動作をするにあたり、必要な食器や鍋といった調理用品や、掃除用品といったモノを
どこに収納するかが重要になります。
たとえば、水切りに使うザルやボウルはシンク下、コンロで使うフライパンはコンロ下、
というようにモノの収納位置は動作をする場所から一番近いところに決めておくことが
大切です。


■使用頻度別の収納エリアを設ける
食器や調理用品の使用頻度はモノごとに異なります。
なのでモノを使用頻度ごとに分けて、よく使うモノから収納場所を決めていきます。
「よく使うモノほど一番出し入れしやすい場所に収納する」ということです。
たとえば食器棚。
立った時に目線の高さにくる位置の棚に一番使用頻度の高い食器類を収納すると、
作業効率が良くなります。
週に数回使う食器なら食器棚の下のエリアに、めったに使わないモノは上のエリアに
収納します。
このように使用する頻度に合わせて収納エリアを決めることでキッチンの使いやすさは
大きく変わってきます。


■指定席を決めて定位置管理
収納の基本は「モノは定位置で管理する」ということです。
使ったら元の場所に戻せるように、全てのモノに指定席を決めてあげる、定位置管理が
大切です。キッチンで使うものがいつも同じ位置にあるので、食器や道具を探す時間を
無くすことができます。また、家族で使うキッチンなので、みんながわかりやすい収納
スペースを設けてあげることが大事です。



今まで使っていたキッチンから新しいキッチンへと取り換えるタイミングこそ、
この収納計画をはじめるいいタイミングともいえます。
収納計画を考えて効率よくキッチンを使うことで、キッチンを長くきれいに、
そして、家事の時間も短縮することができます。

2019年01月31日

おすすめのシンボルツリー

家の外観を引き立たせてくれる家の外構。
外構工事というのは庭を作るというだけでなく、家にも大きな影響力を持っています。

そんな外構の中でも注目したいのがシンボルツリー。
シンボルツリーとしてどんな木を庭に植えるかによって家の外観はもちろん、家の中から
庭を眺めた時の見た目も大きく違ってきます。
それだけシンボルツリーというのは外構の中でも特に重要な要素となりますし、シンボル
ツリー次第で家の印象は大きく変わってきます。

今回は、そんな家づくりで重要な外構工事の中でも家の見た目や眺めに大きく影響を与える
シンボルツリーについてご紹介したいと思います。


『シンボルツリー』
シンボルツリーとはその名の通り、家のシンボルとなる木のことを言います。
家の外観というのは緑があるだけで見た目が劇的に良くなりますし、選んだ木によって
家の雰囲気が変わる効果もあるので、いろいろ考えながらシンボルツリーを選択していく
のも楽しみの一つになります。

では、代表的なシンボルツリーを見ていきましょう。


◆シマトネリコシマトネリコ
小さくツヤのある葉が風になびく姿がとても軽やかで魅力的なシマトネリコ。
シンボルツリーの代表とも言える存在です。
寒さや乾燥にも比較的強く、常緑樹なので季節を問わず楽しむことができるシンボルツリー
です。
いろんな庭に合わせやすい木でもあり、価格もそれほど高くはないので、シマトネリコは
シンボルツリーとして使いやすさも抜群です。
注意点としては、成長速度が早いので、まめに剪定して樹形を整えておくことがポイント
です。



◆オリーブオリーブ
独特の形をした葉とシルエットが印象的なオリーブ。
葉の表と裏で色味に違いがあるので、角度によって色んな表情を見せてくれます。
また、乾燥にも強く、虫も付きにくいので扱いやすいシンボルツリーと言えます。
一方、風などの外部環境に樹形が影響されやすいので、定期的に剪定をしてキレイな姿を
保つようにしてあげることがポイントです。



◆キンモクセイキンモクセイ
初秋に咲くオレンジ色の小花から甘い香りを漂わせるキンモクセイ。
キンモクセイをシンボルツリーにすると秋の訪れを感じさせてくれるシンボルツリーと
なってくれます。
良くも悪くも香りが個性的なシンボルツリーなので、たくさん植える場合は周辺環境に
注意しながらキンモクセイを植えましょう。



◆イロハモミジイロハモミジ
イロハモミジはモミジを代表する品種で、春の芽吹きから新緑、秋の鮮やかな紅葉と、
四季を通じて美しい姿を魅せてくれます。
イロハモミジは樹形がキレイなだけでなく、葉も絵になるので玄関前や坪庭など、目を
引く場所に植えると効果的なシンボルツリーです。
紅葉するので葉が落ちた冬場は少し寂しい雰囲気になりますが、その分季節感を強く
感じることができるのも魅力の一つです。



◆ハナミズキハナミズキ
ハナミズキには紅花と白花があり、春にはとてもキレイな花が咲きます。
春に花が咲き、秋に葉が落ちるハナミズキは季節感を感じるのに最適なシンボルツリーと
言えます。
ハナミズキは乾燥にはあまり強くないので、できるだけ乾燥しないように気を付けて
あげることがポイントです。



▶シンボルツリーの選び方
シンボルツリーを選ぶ際のポイントとしては、木は基本的に落葉しない常緑の木と、
季節によって落葉する木に分かれます。
基本的に好みがあれば常緑樹でも落葉樹でもどちらのシンボルツリーを選んでもらっても
問題ありませんが、落葉樹の場合はやはり寒くなると葉は落ちてしまいますし、シンボル
ツリーで家の目隠しも兼ねている場合は、冬場は目隠しの効果は無くなってしまいます。
また、落ち葉などの庭の掃除や手入れの頻度は日常生活に影響してくるので、必ず常緑樹
か落葉樹なのかを確認しておく必要があります。


▶シンボルツリーを植える場所
シンボルツリーを植える場所としては、玄関のアプローチ付近やリビングから見える
主庭に配置してあげるとシンボルツリーがよく映えます。
シンボルツリーを玄関などいつも通るところで見れる方がいいのか、それともリビング
など家の中から見れる方がいいのかで植える場所を決定します。
また、シンボルツリーが大きくなった時に邪魔にならないか、落葉樹の場合はお隣の敷地
に葉が落ちないかなども計画の段階で考慮する必要があります。



シンボルツリーには、シンボルツリーが育って行く過程を楽しませてくれたり、家に
季節感を与えてくれたりといった効果もあります。
たとえたった1本の木でも、シンボルツリーを植えてあげると家の外観は大きく変わり
ますし、家族の成長と共に木の生長を見守るのも楽しみの一つです。
これから庭をつくろうという方や今の庭をより良くしようと考えている方は、ぜひシンボル
ツリーを検討してみてください。

2019年02月04日

アイキャッチを上手く使ってお洒落な玄関に!

 

お洒落な玄関
家の顔となる玄関。家の第一印象を決める大事な場所です。
そこで今回は、家の印象に影響を与える玄関のアイキャッチについてお話ししたいと
思います。


▶アイキャッチとは
アイキャッチとは、web業界やTV業界でよく使われる言葉で、アイキャッチと言う言葉
どおり目を惹きつけるような画像や文字のことを指します。

家の場合は画像や文字ではなく、家に入って目に飛び込んでくる印象的な飾りであったり、
眺めのことをアイキャッチと言います。

家にアイキャッチをつくる場合、LDKなどの部屋にアイキャッチをつくるのも雰囲気
を良くするのに効果的ですが、家の中でアイキャッチが1番効果的なのが玄関です。

家の印象は玄関次第で大きく変わってきます。

たとえば、玄関の扉を開けてすぐに目の前が壁だったり、収納の入口となる建具があると
玄関に入った時点で狭い家という印象を与えてしまう可能性があります。

反対に、玄関ドアを開けて1番に目につくのがおしゃれな飾り物であったり、手入れの
された坪庭だったりするとどうでしょうか。

玄関が印象的だと、家への愛着度もより増しますし、家に帰ってきたときの気持ちも
変わってきます。



▶お洒落なアイキャッチのつくり方
それでは、アイキャッチの具体的なつくり方についてご紹介します。

アイキャッチのつくり方は大きく分けて3種類あります。

◎「アイキャッチを飾る場所をつくる」
◎「アイキャッチとなる物を置く」
◎「庭を見せてアイキャッチにする」

以上の3つです。


→アイキャッチを飾る場所をつくる玄関 ニッチ
アイキャッチを飾る場所の代表的なものとして、ニッチが挙げられます。

上の写真のように壁の一部を凹ませて、そこを飾り棚などに活用している場所のことを
ニッチと呼びます。

ニッチは比較的簡単につくる事ができるので、アイキャッチとしてもよく使われます。

また、ニッチを飾り棚にするだけでなく小型の照明を埋め込んでライトアップしてあげる
と雰囲気が出ます。

置く物は季節に合わせて変え、季節感を感じられる場所にするのも良いですね。

ニッチ以外でも、アクセントとなる壁を使って目を引くアイキャッチをつくるのも効果的
です。

玄関から家に入った時の視線を考えながら、何をどう見せるかを決めるのがアイキャッチ
をつくる時のポイントです。


→アイキャッチとなる物を置く
アイキャッチは家の設計時に計画しなくても、あとでつくることもできます。

その時に活躍するのが、家具や絵画です。

スツールなど物を上に飾る事ができる家具を置くと、アイキャッチとして活躍します。

お気に入りの家具を置くのも楽しいですね。

また、オシャレな椅子やベンチがあるだけでも絵になります。

他にも床置きの照明を置いても雰囲気を出すことができます。

このように物を置いてアイキャッチをつくる場合、注意したいのが玄関の広さです。

コンパクトな玄関に物を置くと、日常生活で邪魔になる可能性があります。

玄関の広さに合わせて、どんなアイキャッチにするか工夫する必要があります。



→庭を見せてアイキャッチにする玄関 坪庭
家の形にもよりますが、スペースがあるなら坪庭をつくって玄関のアイキャッチにする
のも効果大です。

窓の外に坪庭が見えるだけでもオシャレなアイキャッチとなりますが、窓から坪庭が見えると視線が抜けて玄関が広く見えるという効果も生まれます。

坪庭に植栽を植えたりライトアップすると、より雰囲気を出すことができます。

植栽を植えるときは、日が当たる坪庭にできるなら問題ありませんが、日があまり当たら
ない場合は日影に強い植栽を植えたり、枯山水のような庭にして植栽をあまり使わないよう
にするなどの工夫が必要です。

また、坪庭をつくる時の注意点としては、お隣に丸見えにならないようにすることです。

坪庭を見るガラスは基本的に透明なガラスを使うので、周りから見え過ぎないよう地窓に
したり、目隠しを作るなどの対策が必要です。



アイデア次第でアイキャッチはいくらでもつくることができます。

そして、アイキャッチが視線に入るだけで家の雰囲気は変わってきますし、家の中が
お洒落に見えます。

ちょっとした工夫でより家を楽しめ、よりお洒落に見せることができます。

2019年02月12日

どんな家に住みたいかイメージする方法


今回は、どんな家にしたいのかまだイメージがつかない方に向けて、家づくり成功の
ために必要な『住みたい家をイメージする方法』をご紹介します。


★あなただけの家のイメージ集づくり

1.画像を集める
まず、インターネットで画像検索をしてみましょう。
「リビング」、「キッチン」、「外観」などのキーワードを入力し、検索した画像の中
からいいなと思う画像をピックアップして画像を集めていきます。
たとえば、、、
和風が好きならば「和風 リビング」、北欧スタイルが好きならば「北欧スタイル 寝室」
など、思いつく言葉を画像検索して好みの画像を集めましょう。
ここでは好みの画像を集めるのがポイントです。


2.画像をグループに分ける
次に、集めた画像をグループに分けていきます。
グループは、「外観」、「リビング」、「キッチン」など場所別に分類して、「リビング」
ならリビングの画像だけを集めます。
集めた画像はプリンターがあればプリンターで印刷を。
プリンターが無ければエクセルなどに貼っていくと分かりやすいです。


3.イメージ集をまとめる
今度は、グループに分けた画像を紙やノートに貼っていきます。
キレイに貼らなくても大丈夫です。適度に余白を残しておいてどんなところが好き
なのかコメントを書いていきます。「何で好きなのか」、「こんな場所で何をしたら
楽しいかな」と想像しながら余白を埋めていきます。
お気に入りのものがあれば◎、少し気になるものは△など印をつけていくと、あとで
優先順位を付ける時に役立ちます。


4.イメージ集の活用
イメージ集を作ることで、自分の好きな生活スタイルが何なのか分かりやすくなります。
文字だけでなく写真があることで生活のイメージがしやすいですし、好きな雰囲気というのが一目で分かります。
また、家づくりをしていく中で、好みが変わってくることもあります。
その場合、好みでは無くなった写真やコメントに✖をして、内容を更新していきましょう。
このイメージ集を活用して家の打合せを進めていくことで、より良い家づくりにつながって
いきます。



好きなものを集めた暮らしのイメージ集をつくることで頭の中が整理され、いつでも
家づくりをスタートできるようになります。
まだ生活のイメージがわかないという方は、ぜひ一度暮らしのイメージ集をつくってみて
ください。どんな生活スタイルにしたいか考え始めると、家づくりが楽しくなります。

2019年02月14日

吹き抜けの魅力

今回は、木造軸組ならではの「吹き抜け」の魅力についてお話しします。


ー 吹き抜けに架かる梁の美しさ ー

太い梁が織りなす吹き抜けの構造美は見る人に感動を与えます。

江戸時代に建てられた町家には、力強い梁で構成された高さのある吹き抜けが
よく見られました。

現代でも吹き抜けの魅力は住まいに活かされています。

では、吹き抜けの魅力を活かした現代の住まいをご紹介します。

吹き抜け
木の香りがただよってきそうなリビングルーム。
2階の窓から舞いおりる光の束が、木漏れ日のようにリビング空間を
明るく照らします。


吹き抜け
リビングの階段を上がると風景が一転。
階段と吹き抜けの間に桧のブリッジがかかり、森の小道を歩いているような
不思議な空間です。
吹き抜けを2階から見おろすと、太い梁越しにリビングが望めます。
吹き抜けは、どこにいても家族の気配を感じられるコミュニケーション・ツール
でもあります。



ー 吹き抜けのメリット ー吹き抜け
2階の屋根にトップライトを設けると、陽ざしは吹き抜け越しに1階まで届いて、
家中がさらに明るくなります。
夏は1階と2階の窓をあけると、空気が吹き抜けを通して家中を循環するので、
涼しくて、さわやかです。
冬は1階で暖房した熱気が吹き抜けを通して家中を暖めてくれます。



ー 構造美を魅せる吹き抜けの材料 ー吹き抜け
吹き抜けは、井桁に組まれた角材の梁が美しい構造美を魅せてくれます。
梁に使われる材料は、よく乾燥した杉材やベイマツなど。

どこでも手に入る規格品ですので、若い人にも手の届きやすい予算で
吹き抜けのある家を建てることができます。
たとえ敷地が狭くても、吹き抜けによって太陽の光が2階からたっぷり入るので、
開放感のある明るいリビングをデザインできます。



視界が垂直にも水平にも広がる吹き抜けのある空間で、
のびやかに暮らしてみませんか。


2019年02月19日

自然災害に強い土地選び

自然災害に強い土地選び

 

今回は『自然災害に強い土地選びのコツ』についてお話ししたいと思います。

自然災害と土地選び
自然災害とは地震だけではなく、台風などによる豪雨や、河川の氾濫や洪水、
土砂くずれや地盤の崩壊などのことをいいます。
正直に言って家を建てる際に「この土地なら絶対に安全」といえるような
地域はありません。ですから地盤の強い土地を選ぶことや、地盤の状況に
応じた建物の設計や配置が重要となります。

自然災害は避けて通ることはできません。
しかし被害のリスクを軽減するための備えは必要であると思います。

地盤の強さや性質は、地盤調査をしなければ正しい判断はできません。
しかし、調査をしなくてもある程度は地盤のことを予測をすることができます。


自然災害に強い土地選びをするために
それでは、自然災害に強い土地選びをするために確認するべき3つの点を
ご説明します。

1.土地の使用形態から予測する
例えば、選んだ土地が以前、田んぼなどに使われていて水が溜まっていた
場所であるなら、地盤が弱い可能性があります。表面上には、固い土や砂利で
埋め立てをしているから大丈夫だろうと考えてしまいがちですが、たとえ
そういう状態でも以前は下の地層には水が溜まっていたので、地盤は弱いと
想定したほうが賢明です。こういう土地は地震が起きると液状化現象や家の
傾きの原因になってしまう可能性があります。


2.地域の名前で判別する
住所の地名の中に、沼・池・浜など水にまつわる名前が入っている地域は地盤が弱い
可能性があります。例えば、大昔はそれらがあり、埋め立てや地形の変化により出来た
地域の可能性があります。そのような場所は、田んぼなどと同じように、下の層の
地盤が弱く、地震に弱い土地の可能性があり液状化現象の危険性もあります。


3.ハザードマップで確認する
ハザードマップとは、災害の場所と被害頻度を予測し、その災害の範囲を表した地図です。
国土交通省のポータルサイトや自治体のホームページなどで公開されていますので
自分の選んだ土地を事前に確認しておくと安心です。



土地を買うときは、土地の広さや値段、住み心地、通勤の便利さばかりを重視
しがちですが、家族が安全に過ごせるかということも検討する必要があります。

2019年02月27日

地盤の種類と特徴について

今回は、『地盤の種類と特徴について』お話ししたいと思います。

地盤とは、地表からある深さまでの地層のことを言います。

建築物は、一般的に地盤の上や地中に建設されるので地盤の影響を受けやすい
ことを理解しておくことが必要です。

日本における地盤の種類は大きく分けて「岩盤」「洪積層」「沖積層」「人工地盤」
の4つです。それぞれの特徴と建築物に及ぼす影響について説明します。


■日本における4つの地盤日本における4つの地盤

ー 岩盤 ー
岩盤とは、大量の岩石が連続して分布している地層です。
岩盤には、約2,300万年前以降に形成された「軟岩」と、約2,300万年前以前に
形成された「硬岩」がありますが、どちらもきわめて強い層なので宅地としては
問題なく利用できる地盤です。
しかし、岩盤であっても、断層の破損している部分や熱水で変質した部分で吸水に
よる崩壊や膨張により地盤が変形し、崖崩れや地すべりを起こす恐れがあります。


ー 洪積層 ー
洪積層(こうせきそう)は、約250万年前から約2万年前の間に形成された小さな
石や砂、または火山灰が堆積してできた比較的硬質な地盤です。
洪積層は、宅地の地盤としては災害の心配はほとんどありません。台地の地盤が
良いとされているのはこの洪積層が台地を形成しているためです。



建築における地盤補強の杭工事は、軟弱地盤の下にある「支持層」に杭を到達させて、
杭の先端に上向きに働く先端支持力によって建物の荷重を支える工法です。
この「支持層」になるのが「洪積層」や「岩盤」などの固い地盤です。
建築物を支える重要な役割を果たしている地層です。



― 沖積層 ー
沖積層(ちゅうせきそう)は、約2万年前から現在の間に土砂が堆積して形成
された比較的新しい地層です。
主に固まっていない泥、砂、石などからなり低地などを形成しています。
ゆるい砂層の地盤は地震による揺れに対する影響が大きく、液状化が起こり
やすくなります。特に粘土層と腐食土層は軟弱なため、宅地には向きません。


― 人工地盤 ー
人工地盤とは、盛土や埋め立てにより人工的に造成された地盤です。
長い時間をかけて自然に形成された地盤と比べて、人工地盤は災害が起こりやすい
と言えます。地震が来た際、平地の盛土では地盤沈下や液状化の可能性があります。
また沿岸部の埋立地では、地盤沈下や液状化だけでなく、津波の被害を受ける
可能性もあるので注意が必要です。



家を建てるうえで「地盤」はとても重要です。地盤の特徴を把握し、その特性に
合わせた対策がとられているかを確認することが大切です。

2019年03月06日

地耐力と基礎の関係

今回は、「地耐力と基礎の関係」についてお話しします。

■地耐力とは
地耐力とは、地盤が建物などの重みにどの程度耐えられるか、また、地盤の
沈下に対して抵抗力がどのくらいあるかを示す指標です。
地耐力が弱ければ、建物は自分の重さで傾き壊れてしまいます。地盤に建物を
建築する場合は、地耐力に応じた基礎構造を採用することが建築基準法で義務
づけられています。

地耐力の単位は「KN/㎡(キロニュートン パー 平方メートル)」で表します。
これは、地盤1メートル四方あたりに何キロニュートンの重さを支えることが
出来るかを表した単位で、地耐力が大きいほど重い荷重を支えることができます。



■地盤と住宅の基礎構造に関するルール
建物を建てる場合、その場所の地盤が建物全体の重さに耐える強さをもって
いるかを確認して適切な設計をすることが重要です。実は、地盤と住宅の基礎
に関する設計のルールは、2000年の建築基準法の改正まではあまり具体的に
定められていませんでした。
例えば、2階建て以下の木造住宅の建築では、建築基準法施行令42条2項に
「土台は、一体の鉄筋コンクリート造又は無筋コンクリート造の布基礎に
緊結しなければならない」と定められているだけでした。
したがって、地耐力を考慮せずに建築した建物が不同沈下するなどの
地盤事故が問題になりました。

このような事態を受けて、2000年に建築基準法施行令38条が改正され、
「建築物の基礎の構造は、建築物の構造、形状および地盤の状況を考慮して
建設大臣が定めた構造方法を用いるものとしなければならない」という規定
になりました。それに伴い、2階建て以下の木造住宅を含めて、基礎構造に
関するルールが具体化されました。



■ルールが具体化された地耐力と基礎の関係建築基準法で定められた数値
このように地耐力と基礎構造とのルールが具体化されたことで、地盤の支持力を
確かめなければどのような基礎を選択できるのかが決められなくなりました。
したがって、基礎の設計に当たっては、原則として地盤調査を行うことが不可欠
となりました。



地盤が弱ければいくらしっかり基礎を造っても建物は沈んでいきます。これを防ぐ
ためには、その土地の地盤の強さが建物の重さより強くなければいけません。地盤
調査データから地耐力を確認して適切な地盤補強や基礎設計をすることが大切です。

2019年03月12日

第一印象を決める ー外観デザイン特集ー

家の『外観』は第一印象を決める大きな要素としてこだわる方が多いかと思います。

そこで今回は、外観のイメージづくりのために様々なデザインやお洒落な外観を
ご紹介します。


🏠白い家白い家
外壁の色でもっとも一般的なのが『白』です。
白は明るく清潔感のあるイメージで、万人受けするカラーの代表格です。


白い家 アクセント
白い家は、他の色を効果的に加えることでアクセントがついてお洒落に
見せることもできます。
例えば、バルコニーをウッド調にしてアクセントをつけることで、
お洒落な雰囲気になります。



🏠ダークカラーの家ダークカラーの家
白に対してダーク系の色調を使用した家もよく見かけます。
シックでモダンなイメージの外観となり、周りの家と比べて存在感があります。



🏠モノトーンの家モノトーンの家
白・黒・グレーなどの無彩色を組み合わせたモノトーンの外観は、都会的で
洗練されたお洒落なイメージになります。



🏠洋風の家洋風の家 
海外の街並みを見て、憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。

洋風瓦やアイアンでできたエクステリアを使用することで、特に女性が好きな
可愛らしい家に仕上げることができます。



🏠和風の家和風の家
日本の伝統的な和風住宅は、心の安らぎ、品格、風情、作法など日本人の原点が
凝縮されていて、落ち着いた雰囲気が感じられます。

 

和モダンの家
本格的な和風住宅までは...というような場合には和モダンという選択肢もあります。
日本古来からのデザインは残しつつ、現代風に様々なアレンジが加えられています。
「和」の雰囲気を気軽に取り入れたい場合は和モダンの住宅がぴったりです。



街中には様々なデザインの家が建ち並んでいるので、建てたい家のイメージを
膨らませるため、実際に街を歩きながら好みの外観を探すのもオススメです。


2019年03月19日

畳のある住まい


今回は、なぜか心が安らぐ「畳のある空間」についてお話しします。

■根強い人気のある畳
畳は世代を超えて今でも根強い人気があります。
床の間つきの和室まではいらないけれど、リビングの一角に畳コーナーをつくり、
床を高くして段差を収納に利用した「小上がりの畳ボックス」にしたいなどの声を
よく聞きます。
日本古来の畳の良さを活かしつつ、現代風に様々なアレンジが加えられています。


■日本固有の文化である畳
畳は日本固有の文化。その昔、稲わらを圧縮させて畳床(たたみどこ)を
つくり、イグサで畳表を織り、湿気の多い日本の気候風土にふさわしい
床材として誕生しました。

畳は室内を素足で暮らす日本人の生活習慣と深い関係にあります。
欧米では室内でも靴を履いているので、床は汚れて当たり前ですが、日本は素足の
文化ですから、床をつねに清潔に保つことが大切です。靴を脱いで家に上がり、
畳のある空間で心身を休めることが、私たちにとっては自然で心地よいこと。
最近では和室がひとつもない家もありますが、できれば畳のある空間を設け
たいものです。


■イグサについて
畳表に使われるイグサは、冬に水田に苗を植え、7月頃収穫されます。
刈り取った茎をそのまま干すと褐色になり品質が落ちるので、染土(せんど)
という土を溶かした泥水の中にイグサを漬けて、その後に乾燥させます。
こうすることでイグサの青さと香りの良さが長持ちします。


■畳の持っている力
畳の部屋に座ると心が落ち着くのはなぜでしょうか。
その理由は、イグサの持つ天然の力にあります。イグサの表面は硬い皮ですが、
中身はスポンジみたいにフカフカして多数の穴があります。そのため調湿力が
高く、不快な湿気を吸い取り、室内が乾燥すれば水分を放出します。
断熱性が高いので、冬は温もりを、夏はひんやり感を与えてくれます。
そして、畳には人肌のようなソフトな弾力性があるので肌にしっくりなじみ
ます。吸音性もあるので、室内に静けさをもたらします。

畳の光の反射率は日本人の皮膚の色に近く、目にやさしい色合いが
安らぎを与えてくれます。加えて、イグサの鎮静効果のある独特の
香りも心を癒してくれます。


■畳のお手入れ方法
畳のお手入れですが、普段は畳の目に沿ってじっくり掃除機をかけます。
ぬれ雑巾で拭くと、畳の光沢がなくなるので、固く絞った布で拭くか、カラ拭きを
します。年に一度は畳をあげて虫干しをしましょう。その際には畳の裏面を日光に
当てるようにしましょう。



イグサは表面に細かい筋があるため、心地よい肌ざわりを1年中楽しむことができます。
畳のある空間で心身ともにリラックスして、家族だんらんを楽しみましょう。
2019年03月26日

自然素材の家に彩りを添える「和紙」

和紙
今回は、自然素材の家に彩りを添える「和紙」についてお話しします。


和紙の強さとぬくもりのある風合い

一般的には壁にビニールクロスを貼ることが多いのですが、健康に
配慮する「自然素材の家」では、ビニールクロスではなく和紙を
貼ります。和紙は壁や天井に貼るだけではなく、建具に貼り、
障子に貼り、照明器具のかさなどにも用いられています。

▶和紙の強さと優れた機能
正倉院に千年以上も昔の本が保存されていることからも和紙の強さ
は立証済みで、凹凸のある繊維の風合いは洋紙にはない魅力です。
和紙にはふんわりと温もりのある自然の美しさや強さのほか、
優れた機能があります。

和紙は、室内の湿気を調整してくれる調湿力に優れています。
また、光の乱反射による調光力。繊維の隙間の空気層による保温力。
音をやわらかく分散させる吸音力。そして、美しい色づかいを
楽しめるのも魅力です。


和紙を空間演出に活かす

和紙は素朴で繊細優美な材料として、人が住む住まいだけではなく
店舗などにも使われています。上品で豊かな表情を魅せてくれる
和紙は、自然素材の糊と共に土に還る素材ですから、シックハウス
とは無縁であると言えます。

▶障子が持つ演出力
半透明の和紙を貼った障子も、「自然素材の家」の大切なアイテム
です。障子は、直射日光をさえぎり、やわらかく拡散させて、
部屋全体を均等に明るくしてくれます。
そして落ち着きのある空間を演出してくれます。

断熱性や調湿性に優れた和紙は、自然の空調機能をも持って
います。障子の細い木の桟と白い和紙の織りなす幾何学的な
美しさは、空間を引き締め、豊かな情感をかもし出します。

▶和紙を住まいに取り入れる
世界中の人々に愛されている和紙を新しい感覚で住まいに
とり入れて、日本の伝統工芸を日々楽しんでみませんか。
きっと快適で心休まる暮らしが実現できると思います。


2019年04月02日

土地探しのポイント

土地探し
今回は土地探しのポイントについてご紹介します。


ー 土地探しのポイント ー

「土地探し」のポイントは、次の3つです。

①ロケーション(敷地の大きさや形、まわりの雰囲気)

②利便性(生活の基盤となる、駅やスーパー、学校などの距離)

③安全性(治安や災害)

この3つを「ものさし」にして土地を決めていくことが基本となります。


土地を見つける方法は、不動産会社か住宅会社に土地探しを依頼するのが基本的な
探し方になります。

まずは、不動産情報サイトで土地の相場をつかんで、「資金計画」の中から
土地にいくら、建物にいくらかけるのかざっくりでいいのでイメージして
みましょう。

予算がオーバーしそうな場合は、もう少し土地探しの幅を広げるか、立地を
優先するのかを決めておくと良いでしょう。


また、親の敷地に家を建てるとか、親の土地に二世帯を建てるという方法も
増えてきています。

その場合、土地代はかからないのでその分建物にまわせる、光熱費などもシェアできる、
子供の面倒も見てもらいやすいなど、メリットもたくさんあります。

同居できる環境にある方は、二世帯住宅も考えてみるのも良いかもしれません。



ぜひ良い土地を見つけて理想の家づくりをしてくださいね。

2019年04月10日

フローリングの色でお部屋の印象が変わる

 

フローリングには白や黒といったハッキリとした色合いのものから、
木目調などのナチュラルな色味までいろんな色があります。

どのようなフローリングの色を選択するかでお部屋の印象が大きく
変わってきます。

そこで今回は、フローリングの色でお部屋の印象がどのように変わるのか
ご紹介します。



■白系フローリング白系フローリング
白系フローリングのメリットは、家の中が明るくなることです。
白は光が反射しやすいので、部屋の中を明るく見せる効果があります。

白系フローリングに淡い色の家具を合わせると、ナチュラルな雰囲気に。
反対に濃い色の家具を合わせると、モダンで落ち着いた雰囲気に変わります。



■黒系フローリング黒系フローリング
黒系フローリングには、真っ黒のフローリングから
ダークブラウン色のフローリングまで様々なものがあります。

黒系フローリングのメリットは、部屋が落ち着いて見えることです。
視覚的に下の方に濃い色がくるので、空間全体が落ち着いて見えます。

黒系フローリングは落ち着いたインテリアにしたい場合だけでなく、
和モダンや古民家風の家にする場合でも重宝します。



■ナチュラル色のフローリングナチュラル色のフローリング
フローリングの色で人気が高いのは、ナチュラル色のフローリングです。

ナチュラル色というと幅広いですが、ブラウン系の色を中心にアイボリー
くらいまでがナチュラル色のフローリングと言えます。

無垢材のフローリングはナチュラル色の物が多く、自然素材の良さを感じる
落ち着いた空間になります。




フローリングは家の雰囲気を決める大きなポイントとなります。
どんな雰囲気の家にしたいのかイメージしたうえで、満足のいく
フローリングを選びましょう。


2019年05月07日

ガレージのある家

ガレージハウス 雨楽な家
今回は、ガレージハウスについてご紹介します。

ガレージハウスとは、ビルトインガレージ、つまり、愛車を格納するガレージと
生活空間が一体化した住まいのことです。

若者のクルマ離れが進んでいますが、クルマ好きの人は、ますます
クルマ好きになっているようです。

ガレージハウスは、大事なクルマを守るだけではなく、スペースさえ確保
すれば、クルマのお手入れや修理、カー用品の収納などクルマにまつわる
ことがまとめて楽しめます。まるで大人の秘密基地です。



▼ガレージハウスのメリット

メリット①
雨の日でも濡れずに、ガレージからそのまま室内へ入ることができます。
たくさんの買い物をしたときにも便利で、高齢者にもやさしく実用的で重宝します。

メリット②
クルマやバイクが雨風にさらされる心配がないので、損傷を抑えることができます。

メリット③
電動シャッターを取り付けることで、盗難やイタズラの防止になります。


▼ガレージハウスのデメリット

デメリット①
普通の住まいより開口部を大きく取らなければならず、ガレージ部分には柱も
間仕切壁もないので、建物の強度を十分確保する必要があります。

デメリット②
クルマは思いのほか大きな面積が必要で、1台ならば3m×5m、2台ならば
6m×5m。バイクや自転車も入れると、さらに広さが必要です。

デメリット③
換気・照明・コンセントなどの設備をしっかり準備することも大切です。



あこがれのガレージハウスで心ゆくまでカーライフを楽しんでみませんか。

2019年05月15日

土地の地目について


土地の地目
今回は、家を建てる際に知っておくべき「地目」についてご紹介します。

地目(ちもく)とは、不動産登記法による土地の種類のことで、土地の用途を
示したものです。

地目は23種類あり、登記所の登記官が決定し、登記事項証明書に地目が
記されています。


23種類とは...
田・畑・宅地・学校用地・鉄道用地・塩田・鉱泉地・池沼・山林・
牧場・原野・墓地・境内地・運河用地・水道用地・用悪水路・
ため池・堤・井溝・保安林・公衆用道路・公園・雑種地
の以上の地目です。

23種類の地目のうち、家を建てられる地目は4種類しかありません。
都会では大半が「宅地」ですが、都会でない場合には様々な地目が見られます。


家を建てられる4種類の地目とは...
まずは「宅地」です。住宅とは限らず、工場・倉庫・事務所などの建物も、地目は
宅地です。しかし、地目が宅地だからといって、地盤の強さや、建築基準法などの
法令の基準を満たしているとは限らないので、個別に確認する必要があります。

宅地以外で家を建てられる地目は「山林」「原野」「雑種地」です。

「山林」「原野」の共通点は、耕作をしない、つまり地面を耕さない点です。

そして、「雑種地」とは他の22種類の地目のどれにも該当しない土地をいいます。

そのほかでは「田」「畑」は農地法の制限をクリアすれば、家を建てられる場合
もあります。


※山林に家を建てる場合に注意すること
地目が「山林」の場合、注意する点が3つあります。

⑴災害への警戒
「土砂災害警戒危険区域」などに指定される場合があります。

⑵法令上の制限
宅地造成等規制法、森林法などの制限を受ける場合があります。

⑶土木工事の費用
地盤改良や擁壁の設置工事などに多額の費用を要する場合があります。




地目が「雑種地」や「原野」の場合、宅地に比べてイメージが劣りますが
決して悪い土地ではなく、宅地にすることも可能です。
しかし、地盤改良などに時間や費用を要するケースもあるので、地盤調査を
必ず行ないます。

条件をすべてクリアして、家を建てたあとは、地目を「宅地」に変更する
登記申請を必ず行ないましょう。

2019年05月21日

【Works】 コージーガーデン 厨房増築工事中!

三次市大田幸町にあるコージーガーデンさん。

カフェレストランやパン工房があり、子供さんからお年寄りまで

楽しめる施設です。

現在、カフェレストランとパン工房の厨房を増築工事中です。

秋には完成、オープン予定です!

コージーガーデン 厨房増築工事

 

2019年05月21日

【Works】古民家を宿泊施設にリノベーション!

庄原市内の古民家を宿泊施設に改修し、観光客を誘致する取り組みが
今年の秋から始まります。

瀬戸内の観光産業の活性化に取り組む官民組織「せとうちDMO」の
構成法人が、古民家3棟を買い取って改修し、宿泊用に貸し出します。

そして、
そのうちの1棟を現在、HASEMOKUがリノベーション中です。

仙人が暮らしたとの言い伝えから『不老仙』と呼ばれる庄原市上谷町にある
この古民家は築100年以上で、家の前には棚田が広がっています。

上谷町の古民家

 

上谷町の古民家

 

上谷町の古民家

 

上谷町の古民家

 

上谷町の古民家


▼リノベーション中!

上谷町の古民家 リノベーション

 

上谷町の古民家 リノベーション


歴史ある古民家が里山の自然や農村の暮らしを体験できる施設に生まれ変わります!

2019年05月22日

地窓を効果的に使う

地窓
今回は地窓にスポットを当てながら、地窓の効果的な使い方について
見ていきたいと思います。

地窓とは、言葉の通り地面に近い位置に設置された窓のことを言います。

窓には沢山の種類がありますが、普通の窓は目線の高さくらいに
設置されているのが一般的です。

それに比べて地窓は床に近い低い位置に設けられた窓になるので、
一般的な窓とはかなり違った窓と言えます。


では、地窓のメリットや効果をご紹介します。

具体的な地窓のメリットとしては、

■プライバシー性が高い
■庭を魅せるのに効果的
■窓の上部を有効活用できる

この3つが地窓の代表的なメリットとなります。


プライバシー性が高い
地窓の一番のメリットはプライバシー性の高い窓だということです。

地窓は足元に近い低い位置に設置するので、カーテンなどを
付けなくても家の中が見えることが少なく、外からの視線を
あまり気にしなくてよいというのが大きな魅力です。

一般的な高さの窓であれば、お隣さんや道路から家の中が
見えてしまうことがあっても、地窓であれば外から中が
見えないように設置することが可能です。

住宅地など周りからの視線が気になる場合、地窓を設置して
お隣さんの窓と高さをずらすというのはとても効果的な方法です。

同じような方法として、天井近くに窓を設けた「高窓」を使う
という方法もあり、地窓と高窓を効果的に使うことで、視線の抜けは
作りつつもプライバシー性の高い家にすることが可能となります。


庭を魅せるのに効果的
地窓を通して見る庭というのは、普通の窓とはまた違った印象に
見えるのが魅力です。

普通の窓では庭の比較的高い部分を中心に見ることになりますが、
地窓では庭の地面近くを見ることになります。

同じ庭の景色でも高い部分と低い部分では見え方が異なります。

地窓から庭が見えることで、地窓がピクチャーウィンドウとなり、
家の雰囲気を良くする効果があります。

夜はライトアップするなど庭をアレンジすることでお洒落な雰囲気を
出すこともできます。


窓の上部を活用できる
地窓は低い場所に窓が配置されるので、窓の上部を有効活用できる
というメリットもあります。

その代表的な例が吊押入(つりおしいれ)。

床面に合わせて地窓を配置し、その上を押入れとして使えるように
したのが吊押入です。

和室や畳コーナーに収納を設けたいという場合、
地窓と吊押入の組み合わせは効果的です。




【地窓を使う場所】
代表的な地窓の設置場所についてご紹介します。

◎和室の地窓
地窓の設置場所として定番の和室。
純和風の和室にも合いますし、モダンなタイプの和室にも
合います。


◎玄関の地窓
地窓を玄関に使うのも効果的です。
地窓を玄関に使う時は、玄関に入ってすぐ正面に地窓を設けて
アイキャッチにするのか、明かり取りと庭を見せることを兼ねて
玄関横に地窓を設置するのか、大きく分けて2つのパターンがあります。
どちらも玄関の印象を大きく変えてくれます。


◎廊下の地窓
地窓は部屋や玄関だけでなく、廊下に作る方法もあります。
地窓を廊下に設けると、暗くなりがちな廊下に光を取り入れる
ことができます。


◎リビングの地窓
地窓はリビングに設けるのも効果的です。
壁掛けTVの下や収納の下など上部は使うけれども下部は
必ずしも必要ではない場所に地窓を設置するとスペースを
有効活用できます。





窓にはいろんな種類があるなかで地窓はかなり特殊な窓となりますが、
うまく地窓を使いこなすことができれば家の中の雰囲気というのは
大きく変わってきます。

視線をコントロールしたり、スペースを活用したり、
庭を楽しんだり、光や風を取り入れたり、
目的を持って地窓を設置して、より効果的な
地窓の使い方をしたいですね。


2019年05月28日

西日対策で暑い日も快適に!

西日対策

 

日毎に暑くなっていくこの季節。暑さ対策で気をつけたいのが、西日です。

日中の暑さも厳しいですが、日が傾くにつれ家の中に入ってくる西日には
体力を奪われます。

そこで今回は、室内で快適に過ごすために知っておくべき西日対策について
ご紹介します。



◇西日の室内対策
まずは室内での西日対策についてご紹介します。

室内でできる西日対策と言えば、カーテンやブラインドなどの
ウィンドートリートメントを使うことです。

ウィンドートリートメントを効果的に使用することで、ある程度
西日の直撃を避けることができます。

ただ、窓ガラス自体やカーテンが暖まってしまうので、西日対策としては
直射日光は防げても温度という面ではそこまで大きな効果は発揮してくれません。

ウィンドートリートメントの他に効果的な西日対策としては、
窓ガラスの性能を上げるという方法があります。
西日が厳しい場所は遮熱タイプの窓ガラスを採用するのがおすすめです。



◇西日の室外対策
では次に室外での西日対策についてご紹介します。

→簾(すだれ)を使う
日本で昔から使われている簾(すだれ)。

実はすだれを家の外側につけるだけで、高い遮熱効果を得ることができます。

家の外側なのでカーテンのように熱を持っても室内が熱くなることがありませんし、
窓が熱を持つのも防ぐことができます。



→日よけシェードを使う
すだれはどちらかというと和風の家に似合いますが、家のデザインによっては
日よけシェードも効果的です。

サッシの外に日影をつくれるので、家の中が熱くなるのを防いでくれます。

いろんなサイズやデザインの日よけシェードが販売されているので、
家のデザインに合ったものを選ぶことができます。



→グリーンカーテンをつくる
日射を遮る方法として、夏場にグリーンカーテンをつくるという
方法もあります。

育った植物が西日をカットしてくれます。

グリーンカーテンをつくるのは簡単で、つる性の植物とネットを
用意すれば、あとは育てるだけで大丈夫です。

グリーンカーテンに向いている植物としては、アサガオやヘチマといった
つる性の植物が向いています。

ゴーヤやキュウリなど食べられる植物を植えてあげるのもいいですね。





西日対策は、室内だけでなく室外をどうするかが大きなポイントと
なってきます。

それぞれのご家庭にあった方法を使って暑い日も快適に過ごせるように
したいですね。


2019年06月04日

シンプルな空間に ー大壁ー


大壁のデザイン性
今回は、シンプルな室内空間を演出することができる「大壁」について
ご紹介します。


「大壁」とは?
木造軸組工法の壁の施工方法は、「真壁」と「大壁」の2つに分類する
ことができます。

「大壁」とは、構造体である柱や梁を、壁の中に隠してしまい、
表からは見えないように仕上げる造りのことです。



大壁のメリット
大壁は柱が露出せず、大きな壁が連続しているため、シンプルな室内空間を
デザインすることができます。

構造材である柱の存在を意識せずに、室内の意匠を計画できるというのは
大きなメリットです。

大壁は柱を構造材としてのみ用いるため、合理的に材料を使うことができます。

さらに、壁の中に筋交いを設けるなど、耐震構造のための施工がしやすいという
特長があります。



大壁のデメリット
大壁では、壁のパネルを柱の外側に張るため、室内の空間が真壁に比べて
若干狭くなります。

また、塗り壁の仕様にする場合には、大壁では塗り面積が広くなるため
壁の表面の割れが発生するというリスクがあります。





日本では、昔から建物といえば真壁であり、それに対して大壁は
明治時代に西洋から伝わった建物に多く見られます。

そのため一般的に、真壁は和風、大壁は洋風というイメージがありますが、
「自然素材の家」では、「和風」「洋風」という枠組みを超えて、
自分の好みに応じて選択してもよいのではないでしょうか。


2019年06月18日

木のぬくもりを感じる無垢の床


無垢の木の床
フローリングには「単層フローリング」と「複合フローリング」があります。

単層フローリングとは、無垢の一枚板の床板のことです。

本物の木の温もりや質感があり、年月とともにつやが出て飴色の風合いを楽しめます。

それに対し複合フローリングとは、合板や集成材などの上に厚さ約0.5mmから
3mm程度の薄い天然木や、木目をプリントしたシートを貼ったものです。

一般的な住宅には複合フローリングがよく使われますが、時間が経つにつれて
劣化し、表面に傷がつくと補修が難しく、耐久性も乏しいものです。


今回は、自然のぬくもりと経年変化を楽しむことができる単層フローリング
(無垢の床板)についてご紹介します。

よく使われる材は、ヒノキ、スギ、カラマツ、北欧パインなどの針葉樹の床板です。

広葉樹よりも柔らかいので足への負担が少ないのもメリット。

材料の違いにより色や質感が異なります。

ヒノキの床の空間は、香りよく、つややかです。

スギの床の空間は、柔らかく素朴な温もりがあります。

カラマツの床の空間は、赤みで質実剛健な味わいです。


無垢の木の床のメンテナンスは意外に簡単です。

床の木と木が擦れて音をたてる「座鳴り」には、床板の接合部のすきまの部分に、
台所洗剤を原液のまま注入するとよいでしょう。

床の黒ずみは、メラミンフォームのスポンジに水を軽く含ませて、こすって落とします。

床のお手入れには、米のとぎ汁をワックス代わりに使い、床を磨くとピカピカになります。
米ぬかの成分に、たんぱく質、りんに加えて、油分があるからです。



素肌を床板に触れる機会が多い子ども達にとって、床の素材は大人以上に重要な選択です。

子どもが素足で歩く床は、やっぱり自然素材にこだわりたいですね。

2019年07月25日

【Works】古民家宿泊施設 「不老仙」 開業!


HASEMOKUがリノベーションした古民家がついに宿泊施設に生まれ変わりました!

庄原市上谷町にある「不老仙」という古民家。

なつかしい里山に囲まれたこの古民家が、9月から古民家宿泊施設として開業しました!

里山の美しい景色を見ながら、家族や友人とのんびり過ごしてみませんか?



 


古民家宿泊施設 不老仙

 

古民家宿泊施設 不老仙

 

古民家宿泊施設 不老仙

 

古民家宿泊施設 不老仙

 

 

2019年09月02日

【Works】T様邸 地鎮祭!


先月、庄原市にてT様邸の地鎮祭が行われました!

土地に関わる神様に感謝の気持ちをお伝えし、工事の無事安全と
末永くご守護いただきますようお祈りを申し上げ、無事終了です。

これからどんな素敵なおうちになっていくのでしょうか♪

コージーガーデン厨房増築工事 完成

 

 

2019年10月01日