『庄原市』新型コロナウイルス 日常生活で気を付けること『生活様式』

新しい生活様式の実践例

 

庄原市でも、5月5日以降感染者が急激に増え始めています。
大事な家族や友人、職場内の方々を守るために改めて日常生活で気を付けられることをご紹介します。

新型コロナウイルスとは ※厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A

 「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」はコロナウイルスのひとつです。コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが含まれます。
 ウイルスにはいくつか種類があり、コロナウイルスは遺伝情報としてRNAをもつRNAウイルスの一種(一本鎖RNAウイルス)で、粒子の一番外側に「エンベロープ」という脂質からできた二重の膜を持っています。自分自身で増えることはできませんが、粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えることができます。
 ウイルスは粘膜に入り込むことはできますが、健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。物の表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいます。ただし、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。
 手洗いは、たとえ流水だけであったとしても、ウイルスを流すことができるため有効ですし、石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるので、更に有効です。手洗いの際は、指先、指の間、手首、手のしわ等に汚れが残りやすいといわれていますので、これらの部位は特に念入りに洗うことが重要です。また、流水と石けんでの手洗いができない時は、手指消毒用アルコールも同様に脂肪の膜を壊すことによって感染力を失わせることができます。

 

【日常生活で気を付けること】

1.レジで並ぶときや買いまわるときには、人との距離を開ける心がけを。
2.事前に買うものをメモすることで、買い物時間の短縮や節約にも。
3.最少人数で入店する。

3密を避けた行動を!

庄原市や三次市でも3密を避けた行動を!

 

感染しないためにも、まずは手洗いが大切です。
外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめにせっけんで手を洗いましょう。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行いましょう。
また、発熱などの風邪の症状が出た場合は、学校や会社を休みましょう。
持病がある方、ご高齢の方はできるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

【正しい手の洗い方】

正しい手の洗い方

 

 

ウイルスなどを家の中に持ち込まないために、帰宅後すぐに手を洗えるよう玄関に洗面台や、消毒液を置くカウンターなどの設備を
新築やリフォームで考えられているお客さまが増えているように感じます。

詳しくは以前のブログ『「新しい生活様式」で暮らす家』をご覧ください。

 

 

コロナ禍による影響で大きく変化した生活。

HASEMOKU では、「新しい生活様式」に対応した新築やリフォームをお客さまにご満足いただけるよう一緒に考えます。

詳しくはお住まいの状況や条件によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

 


2021年05月10日