『新築』家と家族を守る台風対策『リフォーム』

「新築」家と家族を守る台風対策『リフォーム』

 

庄原や三次でも急に強い雨が降ることが多くなっている気がします。
この時期になると平成30年7月の豪雨災害を思い出します。

雨がよく降ると感じたら、市から発信の情報を知り命を守る行動を取ってください!

 

大雨や台風時に発表される主な警報と注意報です。

災害の際に地域の情報を得る

大雨特別警報
大雨による重大な災害(浸水や土砂災害など)が発生するおそれが著しく大きい

大雨警報
大雨による重大な災害が発生するおそれ

大雨注意報
大雨による災害が発生するおそれ

 

浸水警報
大雨により河川が増水し、重大な災害(河川の増水や氾濫、堤防の損傷や決壊など)が発生するおそれ

洪水注意報
大雨により河川が増水し、災害が発生するおそれ

 

暴風特別警報
暴風により重大な災害が発生するおそれが著しく大きい

暴風警報
暴風により重大な災害が発生するおそれ

強風注意報
強風により災害が発生するおそれ

詳しくは政府広報オンライン「平成25年8月30日から特別警報が始まります!」をご覧ください。

 

 

新築、リフォームなどの家や家族の命を守るために、台風に備える「5つの対策」

1.強風に備えて

新築の窓ガラスを守る

 

物干し竿や家の外にある植木鉢は、強風で飛ばされる恐れがあります。
雨風が強くなる前に家の中にいれたり風の影響が少なそうな場所に倒して置きましょう。

 

2.側溝から家が浸水しないように

新築の外構、排水させるために掃除

 

側溝や排水溝に落ち葉やゴミが溜まっていないか確認して掃除をしましょう。
水が溢れて浸水する可能性があります。

 

3.窓ガラスが割れるかもという時は

家の窓ガラスを災害や強風から守る

 

物が飛んできて窓ガラスが割れることを防ぐため、窓に雨戸やシャッターがあれば下ろしておきましょう。
窓の鍵を閉め、カーテンも閉めるのも忘れないようにしてください。
窓ガラスに養生テープや飛散防止フィルムを貼ることもできます。
カーテンや窓に貼るテープやフィルムによって窓ガラスが割れた際に室内に破片が飛び散るリスクを抑えられます。

 

4.停電や断水などの備え

新築一戸建てでの停電に備えて

 

台風で停電や断水が発生する可能性があります。
大きな台風が来る前にスマートフォンやモバイルバッテリーなどを充電しておきましょう。
また、停電に備えて懐中電灯の場所と電池が入っているかを確認しておいてください。

台風だけでなく地震にも備えて、ボンベ式コンロや非常食・飲料水などを用意していると安心です。
停電の時には、冷凍庫で保冷剤を凍らせておくと便利です。
冷蔵庫の中の食料を冷やしたり、熱中症対策としても使えます。

 

5.避難所の確認

災害での避難場所の確認

 

自宅や勤務先の近くの避難所はどこか確認しておいてください。
避難場所と家族とはぐれた際の合流場所も共有していると安心です。

 

窓の詳しい補強方法などは次回詳しくご紹介いたします!

早く情報が知りたい!家の窓が一枚ガラスで少し不安だ…という方は是非お問い合わせください。
お金のかからない対策や家にあった追加設備などをご紹介します!

 

当社は、経験豊富な一級建築士が詳細な現地調査と綿密な打ち合わせをして、

お客さまのご希望に沿った質の高い提案やコーディネイトのお手伝いをさせていただきます。

また、詳細な見積りを行うため、お客さまのご要望で行う追加変更工事以外の追加料金は発生しません。

お客さまのご希望で行う追加変更工事が発生した場合には、その都度お見積りをさせていただき、ご納得された上で工事を行います。

広島県庄原市・三次市で新築やリフォームをお考えのお客さま

HASEMOKU では、お客さまにご満足いただけるように一緒に考えます。

詳しくはお住まいの状況や条件によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

2021年06月25日