『新築』窓のサッシの種類『リフォーム』

「新築」窓サッシの種類「リフォーム」画像

 

前回は、窓の種類についてご紹介しましたが、今回は窓に使うサッシのご紹介をします!

新築の注文住宅やリフォームで窓について悩まれている方はぜひご覧ください!
庄原市や三次市は夏は暑く冬は寒いので、寒暖差のある地域での家づくりを考えているは是非サッシにも気を付けてみてください。

 

窓のサッシの特徴

窓に使用するサッシは種類によってそれぞれ良い所とデメリットがあります。
サッシによって違う良い所とデメリットを特徴を踏まえつつご紹介します。

「新築」窓サッシの種類「リフォーム」特徴の画像

 

 

アルミサッシ

アルミサッシは、サッシ全体がアルミニウムで構成されており、日本で一番多く使用されているサッシです。
アルミサッシは、加工と入手がしやすく、費用も最も安く設置ができる窓のサッシです。アルミは耐久性が高く、アルミの表面にアルマイト加工を施すことで気候や外気に強く、長く使用できるという特徴があります。

ただ、耐久性は高いのですが、アルミは金属であるため熱伝導率が高くなり冬場にサッシが冷えてしまい結露や部屋の温度を保つなど断熱効果はあまりないという点がデメリットです。

「新築」窓サッシの種類「リフォーム」アルミサッシの画像

 

 

樹脂サッシ

樹脂サッシは、サッシ全体が樹脂で構成されており、断熱性と気密性に優れ寒い地域では急速に普及が増えています。
樹脂サッシの断熱性は外気との温度差で生じる結露や、気密性も高いことからサッシの隙間から漏れる音が少なることから防音性にも優れています。
樹脂は加工がしやすく、腐食が起こりにくいということからメンテナンスの手間やサッシのデザインやカラーも多くの選択肢から選べれるようになっているのが特徴です。

ただ、樹脂なのでアルミより強度は弱くなり、樹脂の強度を高めるために厚みがありフレームが太くなりがちですが、最近はスリム化された商品もあります。
また、紫外線にも弱くアルミサッシと比べると劣化が早いというデメリットがあります。

「新築」窓サッシの種類「リフォーム」樹脂サッシの画像

 

 

木製サッシ

木製サッシは、自然素材の風合いが魅力な寒さが厳しい地域で広く普及しているサッシです。
日本では、アルミサッシが普及する昭和30年~40年代より以前に広く使われており、日本の風土に馴染んだ素材で構成されています。
現在の木製サッシは性能も向上し、素材感や風合いが見直され人気も高まっているサッシで、高い断熱性とお洒落な見た目でメンテナンスをしっかりすると長く使えるという特徴があります。

ただ、メンテナンスを怠ってしまうと塗装の劣化や腐食や金属の不具合で雨水が入り込んだりなどをして木製サッシそのものが駄目になってしまったりするのがデメリットです。

「新築」窓サッシの種類「リフォーム」木製サッシの画像

 

 

複合サッシ

複合サッシは、アルミ樹脂サッシやアルミ木製サッシなど複数の素材の利点を活かしたサッシです。
室内側には樹脂や木製を用いて断熱性を高めたり、室外側には雨や紫外線に弱い木製や樹脂を使わずアルミを使用して耐久性や対候性、防火性や防錆び性をもたせるといった特徴があります。

ただ、複合サッシは結露が発生しやすいというデメリットがあります。最近はサッシとサッシの間にゴムなどをいれて、結露を防止するといった商品もあります。

「新築」窓サッシの種類「リフォーム」複合サッシのYKKAPの引用画像

画像引用:YKK APホームページ
URL httpwww.ykkap.co.jpproductswindowapsword_neomerit

 

住宅に使われる窓のサッシの素材には、上記のような種類があり、それぞれに良い所とデメリットがあります。
家づくりをされる地域の気候や間取り長く住む家の自分の好きなデザインなど色々なことを加味して、色々な建材メーカーから豊富な商品を確認してより良い家づくりをしてください。

結露対策、断熱対策、日射対策、防音対策、防犯対策住まいの快適性を損なう原因は、実は窓まわりで多いこと、ご存知でしたか? 比較的低コストで、工事も短期間な窓リフォームで、住まいをより快適にできます。

当社は、経験豊富な一級建築士が詳細な現地調査と綿密な打ち合わせをして、

お客さまのご希望に沿った質の高い提案やコーディネイトのお手伝いをさせていただきます。

また、詳細な見積りを行うため、お客さまのご要望で行う追加変更工事以外の追加料金は発生しません。

お客さまのご希望で行う追加変更工事が発生した場合には、その都度お見積りをさせていただき、ご納得された上で工事を行います。

広島県庄原市・三次市で新築やリフォームをお考えのお客さま

HASEMOKU では、お客さまにご満足いただけるように一緒に考えます。

 

 

 

2021年10月22日