『リフォーム』国産薪ストーブ AGNI(アグニ)を設置『グッドデザインベスト100』

『リフォーム』国産薪ストーブ『新築』の事例紹介の画像 

 

450年以上の歴史がある鋳物の会社の国産薪ストーブを設置したので、ご紹介します!

庄原市、三次市で新築やリフォームについて薪ストーブ設置にお悩みでしたら、是非HASEMOKU「長谷川木材店」にご相談ください!

『リフォーム』国産薪ストーブ『新築』の事例紹介2の画像

 

 

下記、設置した国産薪ストーブ「AGNI(アグニ)」について
https://www.nbk-okamoto.co.jp/agni/

『リフォーム』国産薪ストーブ『新築』のアグニの画像

針葉樹燃焼も可能にしたアグニ独自の燃焼システム

●クリーンバーンと触媒を組み合わせたハイブリット燃焼システム

クリーンバーンとは「清潔な燃焼」です。最新の燃焼技術で一次燃焼で燃え残った微粒子やガスにもう一度新しい空気を噴射させ二次燃焼するクリーンな排気を実現したシステムとなっており、メンテナンスも簡単で、クリーンな排気を何年たっても保ち続けるという点で、高性能薪ストーブメーカーのほとんどがクリーンバーン燃焼です。

『リフォーム』国産薪ストーブ『新築』のアグニ燃焼の画像

 

一方、アグニ独自の触媒の最大の特徴は、低温から高温までフルレンジでクリーン燃焼を実現している点です。就寝時に燃焼を弱くしても、触媒による高効率な熱量確保とクリーンな排気能力を持続し、目が覚めても薪ストーブが部屋中を暖めてくれます。
従来の燃焼方法では、間伐材などの針葉樹は高温燃焼になり早く燃え尽きやすいという欠点がありますが、それらの短所を克服したのがアグニ独自のハイブリット構造です。

『リフォーム』国産薪ストーブ『新築』のアグニの燃焼システムの画像

 

アグニのハイブリットシステムは、背面から取り込んだ二次空気をバッフル板内で温め、クリーンな燃焼を行うとともに、燃焼後の未燃焼ガスを触媒に通過させることで分解する構造です。さらに燃焼の真上の蓄熱板で燃焼ガスを吸収しストーブの燃焼効率を高めました。

『リフォーム』国産薪ストーブ『新築』の蓄熱板の画像

 

参考:アグニ燃焼方式「https://www.nbk-okamoto.co.jp/agni/style/burning.html」

 

創作意欲を沸きたて美味しさを引きだす充実の機能

『リフォーム』国産薪ストーブ『新築』のクッキングストーブの画像

 

●アグニはクッキングストーブの機能も充実

天板には調理用のグリドルが配置され、煮込み料理や炒め物など自由にこなします。トリベットを使えば、コトコト煮込むスロークッキングや保温も可能です。熾火もたっぷりためられるのでオーブン料理に威力を発揮します。

『リフォーム』国産薪ストーブ『新築』の薪ストーブ料理の画像

 

参考:アグニクッキング「https://www.nbk-okamoto.co.jp/agni/style/cooking.html」

 

薪ストーブは、メリットもデメリットも多くあります。 ただ、庄原市や三次市では薪の調達や設置している家も多いので維持のしやすい環境になっています。 市町村によっては補助金なども出ていますので気になる方は一度ご相談いただけたらと思います!

当社は、経験豊富な一級建築士が詳細な現地調査と綿密な打ち合わせをして、

お客さまのご希望に沿った質の高い提案やコーディネイトのお手伝いをさせていただきます。

また、詳細な見積りを行うため、お客さまのご要望で行う追加変更工事以外の追加料金は発生しません。

お客さまのご希望で行う追加変更工事が発生した場合には、その都度お見積りをさせていただき、ご納得された上で工事を行います。

広島県庄原市・三次市で新築やリフォームをお考えのお客さま

HASEMOKU では、お客さまにご満足いただけるように一緒に考えます。

お客さまからの色々な相談や問い合わせを気軽に送っていただけるようにLINEアカウントを開設しました! なんでもご連絡いただければと存じます!

 

 

『長谷川木材店』LINEでお問い合わせ『HASEMOKU』

 

 

2022年03月22日