試し読み『間取りのベスト10』


 

 シンクに立ったとき、正面に壁がなく、リビング(L)やダイニング(D)と対面するキッチン(K)。
子どもの様子を見守りたい人、作業しながら会話を楽しみたい人などに向いている。
KとDが対面するタイプ(上の図)のほか、KとDが横並びでLと対面するタイプ(下の図)もある。


 下の図はKとLが対面、KとDが横並びになった配置例である。
Dと対面する場合、DK間は回り込む動線になるが、DとKが横並びなら、直線移動の短い動線になる。

 



♪皆様の感想

●料理中や後片づけの間も家族との会話が楽しめるよう対面式キッチンにしてよかった。
何人かで一緒に作業するときにも動きやすいようスペースを広くとり、冷蔵庫やレンジの置き場所にも工夫。
リビングとはひと続きで丸見えだけどバーカウンターみたいで見た目がいいのもお気に入り。
(福井県・29 歳・女性)


●対面式キッチンにしたのは、家族に一体感が生まれると思ったから。
前の独立型キッチンのように孤立感がなく、来客にお茶を用意する間も話についていける。
(北海道・28 歳・男性)

●キッチンの反対側に高い椅子を置いてカウンターでも食事ができるようにしたいと思い、対面式にして大正解。
簡単な食事はカウンターで手早く済ませられ、子どもたちの様子もわかるし、テレビを観ながら家事できる。
カウンターを高めにしたことでリビングから見えすぎなくてよかった。
(福岡県・36 歳・女性)

●夕食の支度や後片づけをしながらでも子どもの宿題を見てあげやすいよう、対面式ッチンを希望。
子どもも親の顔が見えて安心なのか、まとわりついてこなくなった。
(愛媛県・40 歳・女性)

●キッチンで作業をしている間もリビングで遊ぶ子どもと会話できるよう対面式キッチンにした。
さらに、キッチンとリビングが対面し、ダイニングとは横並びの配置にしたのが、わが家の工夫ポイント。
隣のテーブルで盛りつけたらそのまま食事が始められるし、おかわりも片づけもラク。時間のない主婦にはとくにオススメ!
(愛知県・33 歳・女性)